今日はこちらのライティング系の教材を取り上げます。

「ライティングサクセスロード」というその名の通り
コピーライティングの教材です。

https://writingscr.com/

もはやひと昔前の教材という印象ですが、

「1000円」

という値段のせいか、
今でも度々インフォトップのランキングでも目にしますので、
割りと売れているコピーライティングの教材のようです。

販売者はエンタメさんこと及川慶則さんで、

・「エンタメブログ魂」
・「ライティングサクセスロード2」
・「コピーライティングの力」
・「タイトルの力」

こうした割りと似たようなコンセプトの(内容も)教材を多数リリースされているので、
業界では割りと名の知れた販売者の方ではないでしょうか。

リリースされている教材はどれもコピーライティングを中心としたコンセプトです。

ただ私的にはエンタメさん自身のライティングスキルに関しては
やや懐疑的に感じていますので、

「エンタメさんの教材を2018年の今現在買う価値があるのか」

という点を私なりの視点を交えて、
ライティングサクセスロードの言及してみたいと思います。

ライティングサクセスロードのレビュー (評判)

まず冒頭でお話したエンタメさんこと及川慶則さんのライティングスキルについて
私が懐疑的に思っている理由。

それは以下の2点からです。

・そもそもPPCアフィリエイト出身
・主張に対して理由や根拠がない


エンタメさんの教材のターゲットとなるのは販売ページを見ると
「ブログ・メルマガアフィリエイトで稼ぎたい人」です。

ただエンタメさん自身はPPCアフィリエイトの出身だそうで、
それが本当であればエンタメさんが「1000万円稼ぎました」と
販売ページでズラーっと並べている実績画像なんかも
PPCでの実績の可能性が高いわけです。

「ブログ・メルマガアフィリエイト」を実践していく上で
初心者の人の多くが躓く部分でアクセス集めがありますが、
PPCではざっくり言えばこのアクセスを「お金で買う」わけですね。

PPCとは広告出稿という形で検索エンジンにお金を払って
自身のサイトなりブログなりを上位表示していくわけです。

ですので、ターゲットに売ろうとしている
「ブログ・メルマガアフィリエイト」のノウハウとは
異なる集客戦略であるPPCでの実績を
その販売ページに掲げているわけです。

アフィリエイトでの報酬は

「アクセス数×成約率×報酬単価」

こうした算出法になりますので、
PPCでの実績はブログアフィリエイトでつまずくアクセス数に関して
「金で解決」した結果のものです。

つまりライティングスキルにあたる成約率が1%でも、
そこに膨大なアクセスを流せばそれなりの成果が出るという仕組みです。

まあ有名なアフィリエイターでもPPCの実績を

「アフィリエイトで○○億稼いだ元○○」

みたいな謳い文句として使っている人は結構いますので、
そこはエンタメさんに限った話ではないんですけどね。

こうした背景から、掲げている実績なんかも単純にエンタメさん(及川慶則さん)の
ライティングスキルの高さであげた実績かは懐疑的に見ているわけです。

さらにその懐疑心を加速させるのが
実際にエンタメさんが書いているコピーにあります。

エンタメさん(及川慶則さん)の書いた教材の販売ページやブログの文章を読んでいると、
私的には主張に対して理由や根拠となるものが薄いと感じる事が多いです。

「え、なんでそうなんですか?」

「それって理由になってますかね、、、」

という風に違和感を感じることがあります。

例えばこのライティングサクセスロードの販売ページをとってみても

「売れないブログの欠点はタイトルです」

この主張に対して、

「タイトルがダメなブログは中身もダメな事が多いです」

このような主張を重ねるだけで、

「タイトルがダメだとなんで売れないのか」

という理由がないんです。

この場合

「タイトルがダメだとアクセスが集まらないからです
 →だからコピーを学びましょう」

という流れの方が、明らかに読み手に分かりやすく説得力も生み、
コピー教材への訴求力も上がるはずです。

割りとこうしたシンプルな所がエンタメさんの文章には抜けているので、
どうも違和感を感じるざるを得ないのが率直な感想です。

確かにコピーの受け取り方は人それぞれと言ってしまえばそれまでですが、
コピーライティングの定説に添うならば
主張に理由や根拠などは必ず添えた方が読み手の反応は絶対上がります。

そうした前提でライティングサクセスロードの内容の方に言及してみます。

ライティングサクセスロードの値段は1000円で、
情報商材としてはかなり安い部類ですがそれでも買う必要はないかなと。

内容は本当にコピーライティングの基本的な部分なんですけど、
今現在ですと普通にググれば出てくるような内容ばかりだからです。

そんなライティングサクセスロードの内容は以下のものです。

・ライティングを学ぶ理由
・ターゲット設定とリサーチの仕方
・共感と信用を得る方法
・ギャップを作る方法
・売れる文章を書く方法

これらの内容は割りとコピーライティングの基本的な部分を押さえていますが、
内容はかなり薄いんじゃないかと。

そもそもこのライティングサクセスロードは
エンタメさんのリスト取りのためのフロントエンド商品です。

フロントエンドとはスーパーの試食みたいなものですね。

多くの人が手にしやすい値段設定にして、
特典として付いている購入者通信にて十中八九、
エンタメさんが他に販売している自身の商材の売り込みがくるはずです。

このライティングサクセスロードの動画時間も
エンタメさんが他に販売している高額商材に比べて短すぎますから
内容も「触りの部分だけ」みたいな
それなりの薄さになっていると思います。

そして、バックンドとして売り込まれる商材も
どれも結構似たような内容ばかりですので、
あまり新たな学びもなければ稼ぎ続けるのも難しいのかなと。

少なくともライティングサクセスロードの販売ページに
モニターとして載っている18人のブログは2018年の現在、
全て更新が止まっているかブログ自体が消えているのが現実ですから。

これは稼ぎ続けることが出来なかったからという揺るぎない事実です。

ググれば分かる情報であることと、
さほど信憑性も感じないコピーの教材を売り込みされるために
わざわざ1000円払ってまでアドレスを提供する意味もない。

これがライティングサクセスロードの私見となります。

コピーライティングに関してはこのブログでもいつくか記事にしていますが、
かなり学びのある情報であると自負していますので
興味があれば是非読んで頂けると嬉しいです。

少なくとも読むだけなら1000円も取りませんし
アドレスを差し出す必要もありませんからね。笑

>コンテンツ一覧へ

参考にされてください。

それでは。

>無料メルマガ登録へ