アフィリエイトの世界では良く

「オリジナリティのある情報を発信しましょう」

という趣旨の主張を耳にするかと思います。

こうした所は、
知識がないテーマに取り組み始めた初心者の方は頭を悩まし、
作業の手が止まってしまうところではないでしょうか。

「まだ初心者だからオリジナルの情報なんてねーよ」

と。

初心者の段階ですと、発信するテーマに関する情報を
まずはインプットしていく事が前提になりますが、
そうした先立ってインプットしていった情報は
“あること”を通せばオリジナリティのある情報に変換する事が出来ます。

そこで今回は

「オリジナリティという情報の付加価値」

と題して書いていこうかと思います。

オリジナリティという障壁

一般的にオリジナリティの必要性は

「あなたの言葉で書かないとファンが付かないから」
「他のブログとの差別化になるから」

という理由が言われていますが、
初心者の人だと

「あなたの言葉って言われても、、、」

って思ってしまう人もいるかもしれません。

初心者の段階だと他のブログなり教材なりで
そのテーマに関することを学んでいった情報を
自身の媒体で発信していくことになります。

ただ、どうしても「二番煎じ」のような
似たようなコピーコンテンツになってしまうことも
多くあると思います。

少なくとも私はそうでした。

インプットした情報を何時間かかけて記事にして見返すと

「いや、これ完全にパクっとるやん」

と、我ながら思ってました。

そうしたコピーコンテンツの弊害というものは
発信する情報自体は良い情報であっても、
現在のGoogleの動向を見ると「パクり」と見なされて
検索エンジンに表示されなくなるペナルティもはらんでいます。

Googleとしては

・価値のある情報
・オリジナリティのある情報


これらを有しているブログなりサイトなりを
優先的に上位表示していくという意向があります。

実際問題「まとめサイト」とか「リライト記事」なんかのコンテンツを軸とした
ブログやサイトは現在では飛ばされましたよね。

検索エンジンのアルゴリズム精度はどんどん上がるでしょうし、
今後もそのリスクは大きくなっていくものと思います。

上位表示されないだけならまだアクセスの可能性もありますが、
検索エンジンにインデックスすらされないことには
そのアクセス流入の可能性すら0%なんですから、
集客自体が出来なくなってしまうわけです。

そうなってはコピーライティングで
読み手を心理誘導してどうのこうのと言う
土俵にすら上がれてない状態ですので、
稼ぐことは事実上不可能ということになってしまいます。

つまり、少なからず「オリジナリティ」という要素は
集客の面においても影響してくるというわけです。

オリジナリティが出ない原因

大抵、インプットする情報はどこかから仕入れるわけですが、

・主張
・理由
・例え(比喩表現)
・言い回し

こうしたものをそのまま使ってしまうために
似たようなコンテンツになってしまうのが原因です。

そのために、オリジナリティのある記事を書くためには

「あくまでも自分の言葉でコンテンツを作る」

というような事が、教科書的な「答え」とされていまが、
そうは言っても、学んだ事をそのまま記事にすれば
どうしても似かよったコンテンツになってしまうのが
初心者の段階だと現実的な話じゃないでしょうか。

メディア上でのあなたのキャラ設定によっては
言葉使いとか言い回しみたいなもので
多少のオリジナリティは出せるのかもしれませんが。

そこで、

「理由とか具体例とか比喩表現とか考えるの難しい」

という人のために、もっと簡単にオリジナリティを出せる
情報発信の方法をご紹介します。

「体験」というオリジナリティ

その方法とは、見出しのとおり「体験」することです。

学んだことをそのまますぐに発信するのではなく、
一度自分で「実践」という「体験」をするんです。

まず前提としての話ですが、「情報」そのものには
「価値」というものはほとんどないと考えてください。

例えば「読み手を信頼させるコピーとは?」という疑問に対して

・「主張に理由を添える」
・「発言の一貫性を保つ」
・「自信を見せる」
・「あえて欠点を言う」
・「反論意見をこっちから切り出す」

こんな感じの事が、その答えという「情報」になるんですが、
これって別にあなたのブログじゃなくても調べれば出てきますよね。

ですのでこうした単体の「情報」自体には
それほど価値はないんです。
(もちろんその答えを知らない人にとっては「いい情報」となります。)

その上で、例えば「カップラーメンの作り方」という情報ですが、
これは誰でも

「お湯を注いで3分待って、後乗せの調味料を入れる」

という「情報」を答えられますよね。

それって元の情報源としては、カップラーメンの蓋に
「作り方の手順」というものが記載されていますが、
あの説明文を一語一句覚えてる人っていませんよね。

つまり体験して自分の中に
その情報を「落とし込む」ことによって
元の文章を見返さなくても情報を伝えることは出来るんです。

さらに言えば体験の中で「何か」に気付くことがあります。

「私は麺が柔らかい方が好みだから5分待つ」

「スープは濃い方が好きだからお湯は少なめにする」

こうした「体験」というのがオリジナリティであり、
「気付き」というものは情報に付加価値を追加できる要素です。

何故なら「あなた」と言う人間は
ひとりしかこの世に存在しないので
あなたの体験はあなた以外の人間は出来ないからです。

アフィリエイトを学んでいるなら、

「上位表示されるブログのコツ5選!」

みたいな情報を仕入れたとします。

そしたら実際にその5つのコツを使って
何個か記事を書いてみるんです。

いくつか実際にその5つのコツを使って記事を書いていけば
その方法は覚えますよね。

覚えたなら元の情報源となったブログなり教材なりを
見なくてもその「上位表示させる5つの方法」は
あなた自身が説明できるはずです。

それと同時に、その時点でもはや
元の情報源の文章を一語一句覚えている可能性も低いといえますので、
そこから出てくる情報というのがまさに
「あなたの言葉」というものになります。

それはもうあなたの「体験」というフィルターを通した
十分にオリジナリティのある情報と言えます。

色々な情報を一気にインプットするのではなく、
一度「実践」という「体験」を通すことで
初心者の方でもオリジナリティというものを
出せるようになるわけですね。

そうした情報のインプット先のひとつとして、
私の無料メルマガでは
「私がどんな手法で稼いでいるか」という情報を
順を追って解説していますので、
興味があればご登録してみてください。

>無料メルマガ登録へ


以上が「体験」という手っ取り早く
オリジナリティを出せる方法のご紹介でした。

参考にされてください。

それでは。

>コンテンツ一覧へ