いきなりですが、ノウハウコレクターって
なんでそのような状態になると思いますか?

・自分に合わないと思ったら次の手法を試してみる

・現段階で行っている手法が稼げなくて
「次こそは・・・!」と思い別のノウハウに手を出す

・教材を買ってみたものの意外と難しくて
「これなら自分にも出来そう」という手法に取り組む

他にも色々と原因はありそうなんですけど、
私はこの原因となる答えを断言できます。

「お金を生み出す知識がないから」

これが私からの率直な答えです。

今の情報社会ですと稼ぐ為の方法というものは、
既にネット上に転がっているわけで
その方法論なんかも確立されているんです。

なのに、どうしてそれを徹底的に行わず
他の手法が目に入ってしまうのか。

それはやはり、その手法が稼げると確信出来る
「知識」がないからです。

知識がないというのは罪なもので、

「ワンクリックで月収○○万円」

「初心者でも3ヵ月後には会社にオサラバ」

みたいなフレーズに引っかかって
スルリスルリと財布からお金が逃げていくわけです。

どちらにせよ、現段階で稼げていないから
「収益>支出」という図式が出来上がると思います。

まあ実際に多くの教材の中身を見ているということは、
多くの商材をアフィリエイト出来るという強みでもありますが
それでも「知識」がなければ売れないわけです。

また、そうした人達は新たな教材を購入する度に

「これはしっかり取り組もう!」

と、決意を新たにするんですが、
結局その決意も結果がすぐに出ないと
長続きしない傾向にあります。

何故なら、そうした人達は根本的にはどこか

「楽して稼ぎたい」

という心理を持っているからです。

そしてまた新たなノウハウに飛びつくんですね。

それは「楽して稼げる手法はない」という知識がないからです。

稼ぐよりまずは「知識」を付けるべし

そこから手っ取り早く脱出するには
「知識」をつけていくしかないわけです。

「さっきから“知識・知識“って何のよ?」

という疑問が湧いてくるころだと思いますので、
その答えを明確にしておくと、
まず身に着けるべき知識というのは

「コピーライティング」

というものです。

簡単に言えば「読み手を動かす文章術」みたいなもんです。

コピーライティングというものは
元々はチラシ等の広告媒体で使われていたものですが、
ネットビジネスを行う上で使わない手はありません。

最終的には読み手に触れさせる文章なんですから、
それがチラシを媒介にしようがPCのモニターを介そうが
そこに「読み手を動かす文章」があれば
同様の効果を発揮できるからです。

ネットビジネスで言えば使える媒体はブログ・
Twitter・YouTube等様々ありますが、
元を辿ればそこで読み手(受け手)がアクションを起すのは
テキスト(文章)なんです。

「YouTubeは動画じゃないですか」

という意見があるかもしれませんが、
しゃべりで相手を行動させようとしても、
そこには「相手を動かす要素」を使うわけです。

その「相手を動かす要素」というものは
結局コピーライティングで使われている要素と
同じものなんです。

ですから、昔から政治家の裏には
「民衆を動かすスピーチ」を作る
シナリオライターという人間がいるわけです。

シナリオライターという職種は
「人を動かせるスピーチ原稿を書ける」
という価値があるから存在するんですね。

なんにせよ、アフィリエイトは「価値の提供」が
「報酬」になるわけですからその価値を提供できないうちに
「稼ぐ」ことを目的にするのが間違ってるんです。

ですので、普通に考えればまずは、
提供できる価値を身に着けることが
順序で言えば最優先になるはずなんです。

「コピーライティングなんて必要ありません!」

時々こうしたキャッチコピーを付ける教材とか
アフィリエイターがいますが、
これは普通に「嘘」であり「虚偽」です。

何故なら、これ自体が既に

「コピーを勉強せずに楽して稼ぎたい人に訴求した」

コピー(文章)そのものだからです。

そもそもアフィリエイトであれば、
使用していく主なメディアはブログとかメルマガだと思いますが、
そうしたものを構成しているのは他ならぬ文章ですよね。

では、その文章を勉強しないで
どうやって商品を成約させていきますか?

「コピー不要論者」

の人達は、あーだこーだ理由を付けて
コピーが不要だという主張をしているわけですが、
その行為自体がやっぱり

「コピーが不要だという主張を文章で説得している」

のが現実ですよね。

それは「主張を相手に受け入れてもらうため」ですから
やってることは結局「読み手を動かす」という
コピーライティングそのものなんです。

ですので、どのジャンルのネットビジネスにおいても
PCの向こうにいる「人」を相手にするビジネスであれば
コピーライティングというスキルは絶対に必要なんです。

今はコピーライティングに向き合わなくても
いずれ「売れない」という段階で
必ずコピーライティングのことを意識することになります。

これは「予言」ではなく「断言」です。

私が何故コピーライティングをまず身に着けるべきかと言えば、
遅かれ早かれコピーのスキルが無ければ
モノは売れないわけです。

だったら最初からコピーの鍛錬をしながら
稼ぐ手法を実践していった方が
「時間」的に有意義だと思うからです。

それは結果的に報酬を生むスピードも早くなりますし、
その報酬でさらに知識を増やしていくことに充てる方が
間違いなく儲かります。

なにより、コピーライティングの本質を学んでいけば

「1日たったの○分で○万円」

「禁断のノウハウを放出」

「魔法のツールをあなたに」

みたいな、

アホ丸出しなコピーで構成されたセールスレターを見ても、
そこにお金を投じる必要性を感じなくなるからです。


つまるとこ、他の安っぽいフレーズを掲げた
教材等に振り回されることはなくなるということです。

そうしたコピーライティングの本質を学べる教材が
今回ご紹介する「The Million Writing(ミリオンライティング)」です。

>「The Million Writing(ミリオンライティング)」

The Million Writing(ミリオンライティング)の評判

「また情報商材か、、、」

と、思われるかもしれませんが、
何かを学ぶのに書籍だとか情報商材だとかは
あまり関係ないと思ってます。

書籍だろうが情報商材だろうが、
そこから得られる本質は「情報」なわけですから
そのフォーマットは紙だろうがPDFだろうが
どうでもいいということです。

重要なのはそこから「何を」学べるかであって、
それが電子書籍であることに何ら問題はありません。

コピーライティングに関する書籍も
世の中には沢山出回っていますが、
何故、あえて情報商材である
「The Million Writing(ミリオンライティング)」なのか?

私自身も世に出回っているコピーライティングの書籍なんかは
一応ひと通りは目を通しているんですが、
書籍のものは主に「チラシ等を前提とした広告」向けに
作成されているものが多く、
良書と言われるものも外国の書籍の翻訳が多いので
ネットビジネスをやる上でのコピー作成を学ぶには
やや遠回りかなというのが個人的な感想です。

「チラシでの効果的な写真の挿入場所」だとか、
「顧客に返信はがきを送ってもらう効果的な方法」だとかは
正直あまり使いようがないですよね。

その点「The Million Writing(ミリオンライティング)」ですと、
実際に情報商材のセールスレターを例に
「読み手が反応するコピーの原則」の解説がなされていますので、
ネットビジネスを行うのであれば
ターゲットも近い属性になると想定されますので、
イメージがしやすいと思います。

実際書籍の場合だと、

「閑古鳥が鳴くような広大な農場を営むボブが、
何故翌年には5倍の収入を得る事が出来たか?」

なんて言われても、
あまり話が入ってこなかったのが正直なところです。

ですので、ネットビジネスでのコピーを学ぶのであれば
そうした書籍に数万円使うよりは
はじめから 「The Million Writing(ミリオンライティング)」を手にした方が
効果的に実践していけるはずです。

実際ネットで評判を調べても
私が確認する限り、
悪い評価をブログ記事にしている人はいません。

いても宇崎さんやその師匠と呼ばれる人に対する
人格否定のようなものであって、
教材自体にはケチのつけようながいようです。

「The Million Writing(ミリオンライティング)の宇崎恵吾って誰よ?」

「The Million Writing(ミリオンライティング)」の著者である
宇崎恵吾さんですが、
情報商材のセールスレターを手がけるコピーライターさんです。

元々はご自身もアフィリエイターとして活動されていて、
今の師匠にコピーライティングを叩き込まれてからは
その年収の桁が1つ増えたという凄腕のアフィリエイターでもあります。

コピーライターとしても手がけた商材のセールスレターから
悠に数億の収入を得ているそうで、
私が共感するのはスキルももちろんなんですが、
その仕事に対する姿勢です。

宇崎さんは主に情報商材市場での
セールスレター作成の代行をしているわけですが、
「その商材は購入者にとって有益である」
と確信している商材のレターしか手がけないんだそうです。

コピーライティングのスキルって
悪用すれば正直そこらへんの石ころでも売れるわけです。

だったら目先の収入のために
高い報酬を貰える商材のレターを手がけた方が
良さそうな気もしますが、長期的な収益を考えると
自分が詐欺商材に関わることで信用を失い
どれだけの損失をこうむるか。

こうしたクレバーなところも
個人的には結構好きですね。

それでいて、私自身も宇崎さんとやりとりしたことがありますが、
非常に物腰の柔らかい人です。

年収が高いから傲慢になる人もいると思いますが、
そうした奢り高ぶりも無いのは
格好いいですよね単純に。

まあ収入に関してはこうしたネットの場では
画像を提示したところでそれが本当であるという証明は出来ませんし、
人柄が良いのも結構なことだけど
肝心なコピーライティングのスキルはどうなんかと。

こうしたコピーライティングの情報商材は
この 「The Million Writing(ミリオンライティング)」以外にも
色々リリースされています。

そうしたコピー教材の販売者のスキルを見極める判断基準としては
実際にそのセールスレターの完成度を見ることです。

>「The Million Writing(ミリオンライティング)」のセールスレターを確認してみる

こうしたコピーライティング教材のセールスレターは
その販売者のコピーの力量を測る指標になると同時に
レターの完成度がそのまま教材の質に
比例してくると見て問題ありません。

要はあなたがセールスレターを読んでみて
「欲しい」という気持ちになれば
それは純粋にその販売者のコピーの力量は
おおよそ間違いないと思っていいです。

「The Million Writing(ミリオンライティング)」で得られるもの

ざっくりと言ってしまえば
この「The Million Writing(ミリオンライティング)」では
「読み手を動かす文章の原則」が解説されています。

何も神がかったコピーの秘密みたいなものはなくて、
とにかく基礎、基礎&基礎って感じのものが
みっちりと論理的に解説されています。

基本となる「3つのNot」とよばれる
読み手のマインドブロックを越える方法や
「読ませる・信用させる・行動させる」方法などですね。

こうした基本的な部分って文章を書くのに慣れてくる程
結構忘れがちで、ここを押さえておかないと
どれだけ特典とか「黒すぎる○○な方法」みたいな
煽り文句を入れても絶対に読み手を行動させられないんですよね。

それだけ重要なノウハウがPDF198P分にぎっしり詰まって解説されています。

そうした基本を押さえれば、
ひとつのブログでもこうした成果が出るということです。

これは実際の宇崎恵吾さんのアカウントですが、
こうした結果というのは
基本的なコピーの原則をしっかりと使えているから出せるわけであって、
逆に言えばあなたがしっかりと
この「The Million Writing(ミリオンライティング)」で学んで
それを文章に反映することが出来れば
こうした報酬を手にすることも
現実的に可能であるということです。

あなたの書いたコピーに
キャッシュを生む価値を持たせることが出来る。

想像したらワクワクしませんか?

こうした現実を見たならば
コピーライティングを学ばな選択肢はないんじゃないかと。

とにかく内容が頭にスッと入ってくる感覚

私は「The Million Writing(ミリオンライティング)」に出会う前に
結構な数の情報商材に手を出してしまった口ですが、
実際に「The Million Writing(ミリオンライティング)」を読んでみて

「なんかめっちゃ頭に入ってくる」

という感覚でした。

それまでに購入してきた教材なんかも
それなりに読み込めばもちろん頭に入るんですけど
The Million Writing(ミリオンライティング)は
「情報の見易さ」、「文章の読みやすさ」、「比喩表現や例えの分かりやすさ」
こうした要素が今までの教材と違って腑に落ちる感覚だったんです。

これはコピーライティングは読み手目線で書くことが前提ですが、
そうしたコピーライターならではの
読み手(購入者)目線で書かれているから
ノウハウが頭にスッと浸透してくるような感覚なのかなと思います。

やはりノウハウを学ぶ上で、
テキストの読みやすさというものは
その学習速度にも影響が出てくるとおもうので
個人的には地味に重要なポイントであると思ってます。

44のチェックリストが秀逸

「The Million Writing(ミリオンライティング)」は
198Pに渡ってぎっしりと
濃密なノウハウが解説されているわけですが、
いざ読み終えて、

「はて、どうしたものか、、、」

という状態にならないように、
それまでに解説されたノウハウのチェックリストが付属しています。

これは実際にあなたがコピーを書き終えた際に
「リサーチ」、「マインドセット」「行動への動機」など、
教材内で語られているノウハウが全てコピーに反映されているかを
チェックできる項目になっています。

この44個のチェックリストを網羅していれば
そのコピーは少なからず
「読み手の反応するコピー」に仕上がっているというわけです。

是非、ノウハウを「読む」だけでなく、
実際に「書いてみて」、このチェック項目をなぞりながら
あなたのコピーを「資産的価値のある」コピーに変えてみてください。

全額返金保証という絶対的自信

「The Million Writing(ミリオンライティング)」には
返金保証もついています。

よくある「実践して効果を感じない場合は」
などの条件付きではなくて、
「気に入らなければ」その時点で全額返金保証されます。

これは文面から読み取れば購入者の
「言ったもん勝ち」ですので、たとえ満足してようが
「気に入らない」のひと言で返金対象になるので
販売者側としてはリスクしかないわけです。

ただ、裏を返せば、そんなこと言わせないという
教材に対する絶対的な自信の表れとも取れます。

ちなみに同じくコピーライティングの教材として有名な
「ネットビジネス大百科」という
10年を越えるロングセラーを誇る教材があります。

あちらも初期の頃は全額返金保証を付けていましたが、
返金の悪用が増えた経緯で今は
「返金期間の短縮」と「10万円稼げなかったら」という
条件付きに変わっているのですが、
このように全額返金保証というものは
条件を変えずに続けるのは難しいものなんです。

ですが、「The Million Writing(ミリオンライティング)」は
販売から5年ほど経過していますが、返金条件は変えずに
今でも売れ続けています。

現に宇崎恵吾さんいわく、返金の申し出は数える程しかないそうで、
実際に検索エンジンで調べても
悪い評判がほぼないのが確認できると思います。

そんな長く支持されている 「The Million Writing(ミリオンライティング)」ですので、
もはや持っているのがスタンダードで
持っていないのでは今後も周りのアフィリエイターとの差は
ドンドン開いていくという状態にもなりかねません。

ですので、まずは手にして中身を確認して、
億が一気にいらなければ返金保証を活用してください。

宇崎恵吾さんのシークレット特典

「The Million Writing(ミリオンライティング)」を購入したら
教材とは別に宇崎恵後さんからのシークレット特典があります。

これは内容を明かすとシークレットの意味がなくなるので、
全てを明かすことはしませんが、
サラっと触りだけお伝えすると

「あなたのネットビジネスの方向性の提案」

といったところでしょうか。

ひとまずコピーライティングを学ぶ上で、
実際にはコピーを書かなければ意味はないんですけど、
その実践するフィールドを決めていきましょうということです。

これは媒体を構築したりなど、
実際のアフィリエイトノウハウなんですが
普通に数万のお金取っていいレベルのものが提供されます。

少なくとも2、3万で実際に売られている教材よりも
十分にこのシークレット特典の内容の方が「濃い」です。

なんにせよかなり期待してもらっていい特典になってますよ。

最も有意義な3980円の使い道

「The Million Writing(ミリオンライティング)」を購入した当時の私は、
他に目を付けていたライティング教材が29800円ほどしたので、
そのセールスレターと見比べると
この「The Million Writing(ミリオンライティング)」は
5万くらいふっかけてくるのかと思っていました。

ですが、

私の目にガツーンと飛び込んできた数字は

「3980円」

というものでした。

私の頭には「情報商材=万単位の購入金額」という刷り込みがあったので、
この数字は結構衝撃的だったのを記憶しています。

むしろ一般的な紙の書籍と比べても
コピーライティングの良書と言われているものと
金額的に大差ない値段になっていると思います。

普通に書籍の良書を購入するくらいの感覚で
手に出来る値段ですね。

その上で気に入らなければ全額返金保証が付いているんですから。

私自身もこの教材と出会ってから
どっぷりとコピーライティングの魅力にハマったので
自分の中では人生の転機になった瞬間でしたね。

今までの自分をガラっと良い方向に変えてしまう
可能性を秘めたモノが3980円で手に入るなら
それだけでも確認する価値は大いにありますよ。

「The Millioにょn Writing(ミリオンライティング)」は稼ぐための教材ではない

これまで散々「The Million Writing(ミリオンライティング)」を
褒めちぎってきましたけど、
これで稼げるかというとまた話は違ってくるわけです。

もちろんこれまでお話してきた通り、
アフィリエイトをはじめとするネットビジネスには
コピーライティングが重要ですし、
そのノウハウは「The Million Writing(ミリオンライティング)」で、
余す所なく学べるのも確かです。

ただ、実際にそうしたコピーを書いていくのは
他ならぬあなた自身ですし、
そこにはブログ等に記事を投稿していく他
稼ぐ方法はないわけです。

ただ、「The Million Writing(ミリオンライティング)」は、
セールスレターを題材にその解説をされているので、
いざブログに記事を書いていこうとした際に
少々てこずるんではないかと思うんです。

というか私がそうでした。

教材を読んで「分かったつもり」でいても
それをどのようにしてブログ等の通常記事に落とし込んでいくか。

ブログに投稿していく記事というものは
なにも「売り込みの記事」だけでなく、
「集客」のための記事や、「教育」のための記事などがありますので、
そうしたものに売り込み臭のするコピーは
あまり適さないのも事実としてあります。

そこで私から「The Million Writing(ミリオンライティング)」をご購入された際は
そうした通常の記事に適したコピーの書き方を解説したマニュアルをご用意しました。

The Million Writing 購入者特典
「ゼロからの文章作成理論解説マニュアル」

こちらは文章に関するマニュアルになっています。

教材本編のコピーライティング教材である
「The Million Writing」とはまた別の角度からの文章の解説をしています。

「The Million Writing」はセールスレターを題材にして
コピーライティングの解説に終始していることに対し、
私の特典の方では実際にブログやメルマガ等を題材にした
記事の書き方に関する理論の解説の方をカバーしております。

以下がそのマニュアル内容です。

・学歴や偏差値など一切不要。読み手から意図した反応を自在に操るコピーライティングの基本とは(寝っ転がりながらでも、パジャマ姿でも、キーボードをカタカタ叩くだけで、いつでも、どこでも、好きなだけ稼げるスキルを習得してください。)

「犯人はあなただ!」小説やドラマに出てくる名探偵の論法では事件は解けても読み手の財布の紐は解けません。読み手の財布の紐を緩めるための読ませるコピーの論法とは。「(小説のようなクライマックスとは真逆の論法で、読み手の財布をスルリスルリと紐解くコピーのたった1つの要素をあなたに。)

・私が書く全てのコピーに共通させる1つの「概念」とは(この概念を意識するかしないかで、書きはじめの初速が変わります。これを押さえておかねば1記事書き終える頃には夜が明けてしまいます。)

「どの順番で伝えればいいですか?」読み手の理解力を強制的に上げるためのコピーを作る上での、私が行う文章構成の基本とは(ひとつひとつのコピーの原則を知れば、あとはパズルが組めれば小学生でも理解できる文章の構成方法です。)

・「何を読まされたんだ?」読み手の満足度を著しく下げるこの問題。記事作成における今すぐ解決すべき“たったひとつの目標設定”置き方とは。

少年漫画や大ヒット映画に共通する、読み手をコピーに食いつかせるように引きこむ“ストーリーの力”と、それを構成する4つの要素とは(ロングヒットしている物語には共通して人をひきつける力があります。その原則となる4つの要素をコピーに盛り込めば、あなたの書いた文章が“読まれる”コピーに変貌を遂げます)

・「何を書けば良いんですか、、、」ネタがない?書き方が分からない?そのシンプルな解決法である「○○を○○していく」とは。

キーボードを人差し指で叩く初心者でも、読み手からの信頼を勝ち取るある3つの要素とは(この3つが欠けていると信用どころか、ただ吹かしてるだけの狼少年という烙印を押されてしまいます。)

・実際のブログ1記事全文を用いた、それぞれのコピーの役割の解説(これで理解出来なければ小学校に入学しなおしてください。)

ハズキルーペなしでも読み手がグイグイ読み進める、正しい情報を伝えるための3つの手法とは(いくら読み手のために多くの文字数を使って情報を伝えようとしても、それが読み辛かったらただの便所の落書きと同じです。この3つの手法を取り入れて、読み手のスクロールする右手を永久機関の如くノンストップにしてください)

・読み手に“論理的な決断を自ら下してもらう”為に積みあげていくものとは(あなたの文章に触れるであろう読み手は押し売りが大嫌いです。だったら読み手に自ら買う意思決定をしてもらえばいいのです。)

他人のふんどしで間接的にあなたのことを信じさせる“権威の力”の借り方とは(有名人との人脈ゼロ、費用もゼロであなたの主張を強力にバックアップする権威の力をあなたのコピーへと導入していく方法を具体的に紹介します。もちろん金利も発生いたしません。)

内容の一部をピックアップするとこんな所です。

これらは私が各種記事作成をする際の文章論理を
そっくりそのままあたなにお伝えするものになっています。

従って、全くの初心者の方でもこちらのマニュアルを見ながら記事を作成すれば
すぐにでも私と同レベルの記事作成を行えるようなマニュアルに仕上げました。

今現在で提供出来る「価値」がないと悩んでいるのであれば、
まずはこの「The Million Writing(ミリオンライティング)」で
コピーライティングという価値を学び、
私の特典を使いながらその価値を
あなたのブログで発信していってはいかがでしょうか。

それが人生の分岐点となる可能性もあるわけですから
一歩踏み出してみてください。

行動を起さなければ成功も失敗も無い訳ですから。

特典付きで「The Million Writing(ミリオンライティング)」のご購入は
以下のリンクからよろしくお願いします。

>特典付きでの「The Million Writing(ミリオンライティング)」ご購入はこちら