ネットビジネス業界特有の固有名詞として
「ノウハウコレクター」という言葉があります。

このノウハウコレクターという単語ですが、業界的には
「1つの情報商材では成果が出せず、次から次へと情報商材を買い続ける人」という、
どちらかと言えばマイナスイメージでの意味合いで使われることが多い言葉です。

裏を返せば

「1つの教材を使い、継続して作業を行うことが出来なかった人」

とも捕らえることが出来ます。

私のブログやメルマガを好き好んで読んでくださる
熱心な読者さんには今さら言うまでのこともありませんが、
アフィリエイトは継続しなければ成果は出せません。

ブログやメルマガ、特典といった各種コンテンツの作成には
やはりある程度の時間がかかるからです。

せどり等の転売ビジネスにおいても例外ではありません。
転売等は在庫がなければ売り上げがたちませんので、
仕入れを続けなければ継続した収入が発生しないからですね。

そこで今回はノウハウコレクターという言葉の認識についてのお話です。

「今現在、教材に沿って作業を行っているが結果が出ていない。
だから新たな教材を買おう」

そう思ってるあなたはこの記事を読んでみてください。

ノウハウコレクターの良し悪し

まず今回の記事の冒頭で、
ノウハウコレクターという言葉はマイナスイメージで使われているとお伝えしましたが、
教材を買うという行為自体は決して悪いことではありません。

アフィリエイトでは行うことと言えば情報の発信ですので、
その情報をアウトプットするには、
まずそこに先立つインプット作業が必要だからです。

要は情報の補充。
そこがなければ始まらないわけです。

では、なぜノウハウコレクターという言葉が悪いイメージで使われているか。

それは教材を買い続けているだけで、
肝心の結果が伴っていない人が多いからです。

ネットで稼ぐために教材を買ったのに1円も稼げない。
だからまた教材を買う。そしてまた稼げない。。。

それを繰り返す行為はただ単にお金を散財させているだけです。

自身のキャッシュを生むために教材を買っているはずが、
いつのまにか教材に使うお金が出て行くだけの事態に陥ってしまっている。
これでは本末転倒ですね。

ここで月並みなブログであれば「ノウハウコレクターを脱出する方法」
というようなお話を展開していくわけですが、
今回の記事ではそういった表面的な話はあえて行いません。

今回の記事でお伝えしたいのはそうした話で言う、
教材を買う行為をやめるという「お金を使わないようにするマインド論」ではなく、
逆にお金の使い方に関する話です。

ノウハウコレクター脱出ではなく、投資が出来る強みを認識すること

「私はせどり、アフィリエイト、FX・・・どの教材を買っても稼げなくて~」

 

ノウハウコレクターと呼ばれる方達のブログでは
このような文言を良く目にします。

 

これがいわゆるマイナスイメージのノウハウコレクターの典型と言って良いです。

 

例えばせどり教材を手にして、せどりにチャレンジするも思うように稼げず、
アフィリエイトの教材を買ってみる。
そのアフィリエイトをやってみるも稼げず次はFXの教材に手を出す。

 

このように全く別の教材を次々と買うことはあまり意味がありません。

 

しかし、ノウハウを仕入れるということ自体は、冒頭でもお伝えしたとおり悪いことではありません。
同じ0からのスタートであれば何のノウハウも仕入れずに、
我流で稼ごうと頑張る人達よりかは
ノウハウを仕入れた人の方が圧倒的な時間の差をつけることが出来るのは確かです。

 

教材を入手すればノウハウをちまちまと調べる必要がないからですね。

 

ノウハウコレクターというマイナスイメージな言葉に安易に惑わされず、
俯瞰的に見れば
「教材等に投資が出来ること」
それ自体は自分の強みだということを認識してください。

 

ノウハウコレクター、稼ぐために投資の方向性を見直すこと

 

問題なのは稼げないうちに全く別のジャンルのものに投資してしまうことです。

 

もう少し自身の行っているビジネスを継続したら成果が出てかもしれないのに、
それを投げ出してしまうことほど勿体無いことはありません。

 

先でも述べた、投資が出来るという強みはそのまま生かすべきです。

 

その上でひとつの結論を述べるなら
「自身が行っているビジネスと同上線のものだけに投資する」
ということです。

 

これはつまり、私が行っているようなブログとメルマガを使った
王道的なアフィリエイトであるならば、
お金で解決出来るものとしては集客面があげられます。

 

そうなると投資すべき対象は転売やFX等の異なるジャンルの教材ではなく、
集客のためのツイッターツールであったり、
ダイレクトにそのまま各種レポートスタンドのメルマガ読者増サービス等になります。

 

集客に関しては、
「集客するに値するコンテンツが構築されているか」
というものが投資をする際の一つの指標になります。

 

例えばインフォゼロというレポートスタンドであれば
アドレス500件で21000円となっています。

 

これが自身の構築したステップメール等で、
メールアドレス1件あたりから取れる平均単価が1万円であれば、
500人の中から2人の成約を取れれば費用はほぼペイ出来るという状況になります。

 

よほど下手なコンテンツでなければ
500人中2人の成約を取れないというのは逆に困難かと思われます。

 

500件で21000円というと1人あたりの集客コストは42円。

仮にステップメールでの成約見込み額が1万円とすると
CPO(コスト・パー・オーダー:1注文あたりの顧客獲得コスト)的にみても、
全く悪い数字ではありません。

新しく投資する際は、そうした費用対効果を踏まえて、
自身の稼ぎを増やすことを目的を持って賢い投資を行っていきましょう。

 

それでは。

>コンテンツ一覧へ

>無料メルマガ講座へ