アフィリエイトをはじめたばかりの時は、様々な疑問が出てきます。
その中のひとつに「ブログのデザイン」というものがあげられます。

ここで言うデザインとは、ブログのヘッダー部分をはじめ、
グローバルメニューの配列等、記事に挿入する画像など、全て含めたものです。

ブログのデザインは大抵の場合、
テンプレートを導入することで最低限解決されます。

ただ問題なのは、「自身で画像を加工するまでのデザインへの追及」という点です。
そこまで手の込んだデザインがアフィエイトブログに必要なのか。

アフィリエイトブログにおけるデザインに関しては、
様々なアフィリエイターの意見がありますが、
今回はデザインに関して私の見解をお伝えしておきます。

最低限度のブログデザインは必要。ただし・・・

見出しの通りなんですが、私の意見としては
「最低限度のデザインはブログには必要」だと思っています。

ただこの意見に、
「それ以上のデザイン性は必要ない」とも付け加えておきます。

ブログに必要なデザインとは、
読み手に分かりやすいコンテンツの配置。
ただこれです。

ブログを開設した初期のままのテンプレートですと、
記事を書き重ねていくと、どんどん過去の記事が埋もれてしまいます。

そうした際に必要なのが、グローバルメニューやサイドバーです。

自分の製作したデザインを見てもらうことを目的とした
アフィリエイトブログはないはずです。
それはただの趣味ブログと言って良いでしょう。

アフィリエイトブログの目的は
商品の成約かメルマガ登録してもらうことのはずです。

それらの目的を果たす為に、
ブログには訪問者の動線も意識しながらコンテンツの配置を行う必要があります。

要はブログ訪問者の「見たい」と思った記事が
すぐに見つけられる配置が重要であるわけです。

芸術的なデザインよりも訪問者に有益な情報

デザインが重要だという主張でよく見るのは、
アフィリエイト業界でいう「3秒ルール」のことを良く引用している傾向にあります。

3秒ルールとは、デザインの汚いブログからは
訪問者が3秒でそのブログから離脱してしまうことを指します。

「デザインが悪いと、パッと見の第一印象で訪問者は記事を読む気がなくなります」
その対処法として、
「ブログのヘッダー画像で目を引くようなものを用意しましょう」
という意見までがワンセットでよく語られています。

これについては、読み手の離脱に繋がる理由のひとつにはあげられるかもしれません。
しかし逆に考えて、「ヘッダー画像が綺麗だから」、というのが
その記事を読む動機になるでしょうか。

ブログの訪問者が持っているものとは

:興味や関心などの好奇心
:悩みや願望などの心情

主にこの2つです。

この心理を潜在的に抱えているから、
それを解決してくれそうな記事にたどり着くわけです。

したがって訪問者が記事を読む動機としては
「綺麗なヘッダー画像だから」という理由よりも
「自分が知りたいことを解決してくれそうだから」という理由の方が大きいです。

アメリカの広告業界で広告デザインに関して
次のような実験エピソードがあります。

とある新人アートディレクターが、広告デザインの仕事をはじめて請け負った話です。

彼女は美術学校で習ったデザイン技術を使い、
美しく、センスの良いデザインを広告に施しました。

実際に彼女が作り上げた広告は、
他のアートディレクター達の誰もが感嘆の声を上げる程の芸術的な作品でした。

そこで依頼主に広告原本を納品する前に、
芸術とは関係のない一般の人達に
彼女が用意した何点かの広告を見てもらうテストを行います。

最初に声をかけた男性が非芸術的な広告に反応を示した時、
「なんてセンスのない人なの」と、彼女は心の中で一笑に付しました。
次に声をかけた人も非芸術的な広告に反応した時は、
何かの偶然だと彼女は思っていました。

しかしその後何十人かにテストを行った結果、
誰もが彼女の作った芸術的な作品でなく、
よくあるスーパーのチラシのようなタイプの広告に反応した時に
初めて彼女は反応を得られる広告と
センスの良いデザインが無関係であることに気づきました。

この話から読み手が反応する広告と、
デザイン性は無関係であることがお分かり頂けるかと思います。

これはブログに関しても同じことが言えます。

いくらセンスの良い画像を用意したところで、
それがブログ訪問者が記事を読むことへの動機にはなり得ません。

ブログという媒体の性質上、
全ての記事がそのブログへの入り口になます。

そこでブログ訪問者が記事を読む動機というのは、
訪問者が「自分の求める答えがそこにありそうか」で決まります。

よく全ての記事で冒頭にその記事に関連するような画像、
いわゆるアイキャッチ画像と呼ばれるものを挿入している人もいますが、
あれもさほど意味はない行為です。

訪問者は画像を見にくるのではなく、
「自分が求める情報」を得るためブログに訪れます。

一応広告業界では売り上げに繋がるビジュアルなどの
セオリーも存在しますが、ブログではそれも特に必要ありません。

要するに画像加工等のデザインスキルはあっても損するものではありませんが、
自身が望む行動をブログ訪問者に取ってほしいのであれば、
芸術性は二の次で、こだわるべきはやはり文章です。

人は文章によっては行動しますが、画像では行動しませんので。

アフィリエイトをはじめたばかりの方であれば、
デザインのスキルを磨くことよりも、
コピーライティングスキルを向上させるために
ひとつでも多くの記事を積み重ねる方がはるかに有益です。

以上がブログにおいて最低限以上のデザインが
必ずしも必要ではない理由となります。

それでは。

>コンテンツ一覧へ
>無料メルマガ講座へ