ここ数日、インフォトップの売り上げランキングで
上位に入っているユーチューブ教材があります。

こちらの「FinalYoutuber(ファイナルユーチューバー)」という教材ですね。

http://finalyoutuber.com/

元々お笑い芸人をされていたらしい
大田賢二さんという方の教材です。

セールスレターを読み進めてみると
かなり違和感を覚えたので
一応このブログでも取り上げておきます。

FinalYoutuber(ファイナルユーチューバー)のレビュー

まずはじめに私自身はこの
「FinalYoutuber(ファイナルユーチューバー)」のセールスレターを読む限り
その機能に有用性や信憑性を感じなかったため購入はしていません。

このFinalYoutuber(ファイナルユーチューバー)ですが、
顔出し不要、知識不要、資金不要、全て0からの状態でも
稼ぎ続けることが出来ると謳うユーチューブの教材です。

「教材を売るためには顔出ししないといけないんですね

という突っ込みは置いておいて、
さっそくレターを読んで私が購入に至らなかった理由を
お話していきます。

どこから突っ込んでいいのかが悩みどころですが、
レターを読んでとりあえず大きく気になったのは

:ロジックや教材の全体像が不透明であること
:主張に対する根拠や理由が腑に落ちない

この2点ですね。

要するにどちらの気になる点も含めて
共通して言えるのは情報が足りなさ過ぎることです。

ひとつづつお話していきます。

FinalYoutuber(ファイナルユーチューバー)のロジックが見えない、、、

レター内にはどういったキャッシュポイントで稼いでいくのかが
ぼんやりとしか記載されていないのですが、
おそらくユーチューブを集客に使って
メルマガ誘導し、教材等を売っていくことを目指しているのだと思います。

その前提でお話すると、
FinalYoutuber(ファイナルユーチューバー)のレターで謳われる

ツールにより動画の投稿が0でもチャンネル登録者が激増する
チャンネル登録者から濃いメルマガリストが抽出できる

という理屈が、「どのような理論でその結果になるのか」という
ロジックは一切明かされていません。

基本的にチャンネル登録をする人の動機は
「この人(動画投稿者)の最新動画を常にチェックしたい」
というものが、登録者の心理としてあるからチャンネル登録にいたるわけです。

従って、常識で考えれば動画の投稿が0件であれば、
チャンネル登録されることはまずありません。

ですが、このFinalYoutuber(ファイナルユーチューバー)では
動画投稿は0でもチャンネル登録は激増すると謳っているのですが、
肝心の
「なぜ動画投稿が0でもチャンネル登録者があるのか」
というロジックの説明がないのです。

この手のツールであれば、
そのロジックはレター内で明確にして
そこをアピールした方が絶対に売り上げは増します。

だってそのロジックが本当に効果のあるものであれば
ツールは欲しくなるからです。

一応投稿動画が0でもチャンネル登録が増えていく様の
証拠画像なんかが記載されていますが、
ロジックが明かされていない以上、

「その画像、もしかして捏造してませんか、、、」

と、私は勘ぐってしまいました。

仮に動画投稿が0の状態でチャンネル登録者が増えても
そこから濃いメルマガリストが抽出できるとも到底思えません。

大田賢二さんの言う濃いリストの定義は分かりませんが、
「自分が発信する情報を熱心に聴いてくれる人」
というのが一般的にはメルマガの濃いリストと定義出来ると思います。

それはブログであればキーワードである程度
アクセスの属性を選定することが出来ますが、
投稿動画が0でどうやってチャンネル登録者の属性を判断するのでしょうか。

そこもやはりそのロジックは明かされてないんです。

そうしたロジックを明かさずに主張ばかり繰り返しているようでは
机上の空論と言われても仕方ないのではと思います。

FinalYoutuber(ファイナルユーチューバー)、証拠や根拠が曖昧すぎる

これは私個人の話になりますが、

「面倒な○○は一切不要」

「コピペとクリックだけ」

「現金印刷機」


「わずかな作業で」


「ずぶの初心者でも」

というような安易なキーワードがレター内に入っているだけで、もう頭から
「あ、この教材だめだな」という感覚になります。

先で述べたロジックの話と共通してきますが、
なぜかそうした安易なキーワードを盛り込んだセールスレターは
そうした楽して結果が得られる「理由や根拠の説明」
というものが欠落している傾向にあります。

このFinalYoutuber(ファイナルユーチューバー)も例に漏れず
「理由や根拠の説明」が著しく不足していると感じます。

要は「初心者でも楽して稼げます」という宣言に対して
「だから買ってください」という結論に飛ぶわけです。

その宣言と結論の間に入れるべき
「宣言したことを実現できる理由や根拠」
がないと私としては購入には踏み切れないんです。

有効でないかもしれないものに
高いお金を払いたくないのは私に限った話ではないはずです。

ユーチューブからメイン媒体への集客に関しては
別に画期的なアイデアでもなく、むしろ使い古されてるノウハウですので、
その有効性は私も認識しています。

ですので、FinalYoutuber(ファイナルユーチューバー)に関しても
その効果が実証できる「理屈や根拠、理由」などが記載されていれば
私も購入した可能性は普通にあったわけです。

主張の根拠を示すパーツとして
動画の再生回数の実験検証をしたとされる説明もありましたが、

「全く同じ動画でも片方は700回、
もう片方は8000回と、約10倍も再生回数に差がついたのです。
(実際は同じ動画で検証することはYoutube規約で不可能なため、
類似の動画で検証)」(セールスレターより)

という、もはや実験とは言えない、
根拠にもなっていないものが載せられているだけでした。

上記で説明した

:ロジックや教材の全体像が不透明であること
:主張に対する根拠や理由が腑に落ちない

という理由が、私がFinalYoutuber(ファイナルユーチューバー)を
購入しなかった経緯になります。

参考にされてください。

それでは。
>コンテンツ一覧へ
>無料メルマガ講座へ