先日インフォトップを眺めていたところ、
トップページに大々的に広告が表示されました。

こちらのMSR(メインサイトリライター)というツールです。

http://main-site-rewriter.com/

このMSR(メインサイトリライター)ですが、
SEOコンサルタントを名乗る田嶋秀一さんという方が
販売されているツールです。

機能的には簡単に言えば、
他のサイトから良い文章をパクって
リライトしてくれるツールですね。

ただセールスレターを読んでいくうちに、
ちょっと思うところがありましたので、
このブログでも取り上げておきます。

・文章が苦手

・文章を書くのが嫌だ

・でもネットビジネスでは稼ぎたい

と、思っているなら読んでみてください。

メインサイト専用リライトツール『MSR(メインサイトリライター)』田嶋秀一

はじめに私自身、アフィリエイトで成果を上げる為に
「コピーライティング」というもののスキル向上に力を入れてきました。

コピーライティングスキルの向上に
明確なゴールというものはありませんので、
もちろん今でも常にコピーのスキル向上を目指していますが。

そんなコピーライティングの力を付ける上で、
「文章をリライトするという選択肢」自体が私の中にはありませんので、
このMSR(メインサイトリライター)は購入していません。

あくまでセールスレターを読んだ上での私の私見です。

セールスレター上では、

・マウスひとつで目の前の文章がオリジナルに生まれ変わる

・MSRのリライト機能で読み手の共感を得られる文章が作れる

というようなことが謳われていました。

こうした謳い文句のセールスレター全体を読んでまず思ったのが、

「これで反応の取れる文章を作成するのはちょっと厳しそうだな、、、」

ということです。

実際に機能面では、変換できる単語は14万以上の数が登録されているようで、
レター上の動画で実際にリライト前の文章と
リライト後の文章が載っていましたが、
単語となる固有名詞だけでなく、助詞や語尾なんかも
同異義語に変換されていました。

こうしてみると、リライト機能自体は結構優れたものだと思います。

トレンドアフィリやアダルトアフィリなんかに取り組んでいる人には
導入の余地があるかもしれません。

ただ、現在のSEOの定説に沿って考えれば、
そうした「ただ同異義語に変換しただけ」の文章では
検索エンジン上で、オリジナルのコンテンツより上位表示されることはありません。

基本的にはリライトした文章は
グーグルから「重複コンテンツ」とみなされ
検索エンジンに表示自体されない可能性すらあります。

ですので、このMSR(メインサイトリライター)に限らず、
リライト文章というものはSEO的な効果を期待してはいけません。

そして、

「共感を得られる文章をパクってリライトすれば、
あなたも共感される文章を作ることができる

という論理ですが、これも厳しいと思います。

そもそもの話、まともにコピーを勉強している人にとっては当たり前ですが、
反応を得られる文章というものは、文章を書く前の
「誰に文章を読ませるか」という段階からはじまります。

要はパクり元の文章を載せているサイトが、
MSR(メインサイトリライター)によるリライトによって
リライトした文章を掲載するサイトと異なるターゲットであれば、
十中八九、反応は取れません。

また、文章を作成する過程では、
選んだ単語や助詞、接続後、こうしたものに全て意味があります。

少なくとも私はそうした微妙な感覚から文章を作成しています。
これが単語や助詞などを変えると、違和感のある文章になってしまいます。

従って、リライトした文章によって
「読む人が反応する」ことなんてほとんど無いでしょうし、

「MSR(メインサイトリライター)によって読み手が反応する文章を作れます」

なんて謳い文句は真に受けない方が良いです。

まあ、そもそも検索エンジンに上位表示されなければ、
読み手の反応はおろか、その読み手すら得られないわけですが、、、。

ましてやメインサイトを全てリライト文章で構築するという考えが
少し無理があると思います。

そうしたリライト文章で
ブランディングが構築できるとも思わないからです。

アフィリエイトの作業を軽減させるツールについては
私も効果があるのであれば、導入すれば良いというスタンスですが、
文章作成能力に関してはどうあがいても「楽」して向上はできません。

仮にこうしたツールに頼っていくらか稼げても
それ以上の伸び白はないと思います。

そうであれば、はじめから時間のかかる
スキルの勉強をした方が、将来的には有益ではないかと思います。

以上がMSR(メインサイトリライター)のセールスレターを読んでの感想でした。

参考にしてください。

それでは。

>コンテンツ一覧へ
>無料メルマガ講座へ