良くアフィリエイト業界では

『1記事の文字数は最低でも1000文字以上書きましょう』

と主張する教材等を見かけます。
1記事に1000文字以上書くのは悪いという訳ではありませんが、
そのような主張には大抵その理由や根拠が記載されておらず、私からするとそれは単なる根性論です。

私がこの業界を見てきた中で、
実践するノウハウに理由や根拠のないものは、実践者が挫折しやすい傾向にあります。

また、初心者の方は『何を書けば良いのか分からない』という悩みを持つ方も多いです。
そんな訳で今回は、アフィリエイト記事の文字数について、私の見解を述べておきます。

文字数に決まりはない

 

私の運営するこのブログは、
平均して大体1記事は毎回2000文字くらいの文字数になっています。
これは「毎回1記事で2000文字以上書く」
と明確に目標設定しているわけではありません。

そこで始めに私の意見を述べておくと、
ブログやメルマガにおける1記事の文字数は多くしなければならないのではなく、
「結果的に多くなる」と言った方が適切だと思います。

それは短い文章では読み手が反応しないからです。

例えばレビュー記事を例にあげると
「この商材は最高です。だからあなたも買って下さい。」
というこの文章だけで売れれば最高ですよね?

書き手としても時間をかけて文章を書かずに済むし、
読み手としても長~い文章を読まずに済むわけですから。

ただ実際問題、読み手への教育段階次第とも言えますが、
この文章だけで商品が成約出来るかと言えばほぼ無理でしょう。

レビュー記事の場合、その商品の魅力や販売者のこと等、
レターに誘導するために説得や、理想の未来をイメージさせることを文章で読み手に訴えなければいけません。

また教育のための記事であれば、あたなが売りたい商品への教育であったり、
あなた自身への信頼や共感を得るためにも、やはり文章を使って説得しなければなりません。
(参考記事⇒記事に説得力を持たせる3つのポイント)

そうなる場合、必然的に文章で説得するわけですから、
読み手を説得する材料を文中に入れたり、説得するための理由や根拠を添える必要があります。
また、イメージさせるための具体的な描写についても文章で表す必要があるわけです。

つまり、上記の例でいえば「この商材は最高です」という主張に対して、
読み手をその主張に納得させるために、その理由や根拠を添える必要があります。
また商材を手にした未来を読み手にイメージさせるために、具体的な描写もする必要があります。

そうなるとその分、当然文字数は多くなります。

これらの理由により、読み手の反応を高めるために、
その1記事における記事数は「多くならざるを得ない」わけです。

 

意味のない文章は書く必要がない

上記では、読み手の理解を得るために、
理由や根拠やイメージ等を文章に添える必要があるとお伝えしましたが、
これらを理解しないでただ単に文字数を増やすだけの行為は辞めたほうが良いです。

「記事を書かない」という選択肢よりかは、はるかにマシですが、
そのような行為は時間対効率が悪いです。

良く、文字数を増やすことでロングテールSEOになると記載している教材もありますが、
ロングテールSEOとはそのような単純な仕組みではなくて、
やはり「記事を書かない」よりかはマシですが、
そこにはある程度、戦略としての設計図のようなものが必要になります。

そういった戦略を理解せず、ただ闇雲に長時間使って
文字だけを無駄に増やした記事を量産しても結果はあまり出ません。

そうなると

「これだけ時間かけて頑張って記事を書いたのに稼げない・・・」

という流れになり、アフィリエイト初心者は挫折していきます。

そうならないためにも、あなたが実践するノウハウが
「何故有効なのか?」「何故これをやる必要があるのか?」
というものを理解して作業を取り組むことが大切です。

そういったことを理解しながら作業するのと、
ただ闇雲に作業を行うのとでは、同じ時間をかけて1年間作業した結果は大きく差が開いてきます。

従ってただ闇雲に文字数を増やすことよりも、
なぜ文字数が多い方が良いか理解しながら作業することをおすすめします。

また文章が長すぎても、逆に読み手の反応は落ちます。

その記事内には、訪問してきた読者が求めるものだけを書く必要があります。

例えばこれはブランディングの問題でもありますが、
顔出し系のブランディングをしているアフィリエイターさんで良くみるのが
記事の冒頭で自身の近況を報告するというもの。

要は「今日は一段と寒いですね。でも僕はネットビジネスで家から出る必要がないので関係ありません。
やっぱネットビジネス最高ですね。さて今日は~」というようなもの。

この手法を個人情報を出してのブランディングを行っていない
私のようなアフィリエイターがやったところで意味はありません。

なぜならこのブログに繰り返し訪問してくれる読者さんというものは
私の提供している「役に立つ情報」を求めているわけであり、
私自身の身の上話を読みにきてるわけではないからです。

要は私のブログではいくら文字数が多くなるからと言って、
私自身の近況なんかは不必要な文字情報というわけです。

こうした自身のブランディングに合わせた情報の提供も考えて行う必要があります。

つまり、1記事に要する文字数については
「記事が伝えるべき内容が、読み手に十分伝わる情報量を持った上での最低限の文字数」
が適切な文字数の考え方です。

記事の文字数の考え方のまとめ

アメリカの広告業界にジョン・ケープルズという有名なコピーライターがいました。
彼は「科学的なコピー」というものを提唱しており、
読み手の反応がとれるコピーを書くために、生涯に渡って、
徹底的に自身の広告を科学的にテストしてきた人物です。

結果として今現在も使われる反応の取れるコピーライトの手法の大枠を作ったと言われています。
そんなジョン・ケープルズが言った言葉で

「短いコピーより、長いコピーの方が説得力がある」

という一説があります。
この台詞がまさに今回の記事に通じるものです。

何故文字数の多い長い記事を書くのか?
それは情報量が多いことで「読み手の反応を得るため」です。

あなたも決してグーグルに好かれるために記事を書いているわけではないと思います。

その根本は「アフィリエイトの報酬を得るため」に日々、
ブログやメルマガの更新をしているはずです。

成約を得るためには、読み手からの信頼を得る必要があり、
信頼を得るには説得する必要があります。

そのために、

「多くの文字を使って文章を書く」

これが、記事の文字数に関する根本的な事実だと思います。
さらに読み手の離脱を防止するために、不必要な情報は削る。

闇雲に文字数を稼ぐのではなく、根本的な部分を理解することが、
作業効率や継続率を高める大切な要因になってきます。

参考になれば幸いです。

それでは。

>コンテンツ一覧へ
>無料メルマガ講座へ