あなたがある程度の時間をかけて記事を書き上げたら、
やはりブログ訪問者に記事を最後まで読んでもらいたいですよね。

むしろ、アフィリエイトで稼ごうと思うなら
最後まで読んでもらえる文章を書くのは義務レベルでしょう。

そこであなたが心掛けなければならないことは
「1記事1メッセージ」の鉄則を守ることです。

これは1つの記事の中で、
あなたの伝えたい事をひとつに絞らなければなりませんということです。

何故なら人は面倒臭い事は極力避けたいという心理があるからです。

1つの記事の中で主張が2つも3つもあると、
読者の脳みそは「これは理解するのに時間がかかるな」と判断します。
つまり、それは読者がブログから離脱することを意味します。

例えば次の文章を読んでみてください。

私が思うにコピーライティングとは、
アフィリエイトで必要なスキルの内のひとつである事は間違いありませんが、
それと共に読み手に購買を促す事はもちろん、
読者とのコミュニケーションツールとしても最も有効な手段ですし、
あなたのアフィリエイト活動において大切な位置を占めるブランディングの構築にも活用する事が出来る素晴らしいスキルです。

これは内容としては間違えていませんが、
「コピーライティングとは?」
という言い出しに対して
⚫アフィリエイトに必要なスキル
⚫読者とのコミュニケーションを円滑にする手段
⚫ブランディングに有効な手段
という3つの主張をしています。

文章自体もちょっとごちゃごちゃしてますね。
豚骨ラーメントッピング全部乗せみたいな。

読み手がよほどあなたのファンであるならこれでも最後まで読んでくれます。

ですがコピーライティングで良く言われる
「3つのnot」のひとつである「not read(読まない)」の考えを意識するなら
やはり主張は1つにするべきです。

この解決策はまず「コピーライティングとは?」という主題自体を
「コピーライティングの3つの有用性」のように変えてしまう事です。

コピーライティングとは?という主題に対して複数の主張がある場合、
読み手としては何個その主張があるのか分からない状態から読むことになります。
つまり読み手としてはゴールが見えない訳です。
その出口の見えない状態は読み手へのストレスになります。

ストレス=離脱です。

しかし初めから3つの主張があるという前提があれば、
読み手もストレスなくゴールである3つめの主張まで読んでくれる可能性が高まります。

もうひとつの解決策は、3つ主張があるならば、
記事自体を3つに分けてしまう事です。

アフィリエイトであるなば訪問者が多いに越したことはありません。
なのでSEO的にも3つの記事に分けてしまう方がおすすめです。

これは単純に1つの記事より3つの記事がある方が、
あなたのブログへの入り口が増えるという理屈からです。

これらの理由からあなたが記事を書く際は、
1つの記事で伝えたいメッセージは1つにする事を意識しましょう。

ちなみにこの記事の伝えたいメッセージは
「1記事で伝えたいメッセージは1つにしましょう」
と、これだけの話です。

それでは。

>コンテンツ一覧へ
>無料メルマガ講座へ