インフォトップの売り上げランキング上位に
転売系のちょっと変わったツールが
入っていました。

こちらのama-sta(アマスタ)というツールです。

http://ama-sta.com/

セールスレターを読んでみて、
その主張自体もやや突っ込み所はありましたが

「そもそも、その作業にツールの必要ありますか?」

と思う部分もありましたので、
そこら辺も掘り下げて
このブログで取り上げてみようと思います。

アマスタ(Ama-sta)のレビュー

転売系のツールで定番なものは

:自動価格改定ツール

:利益の出る商品をピックアップするツール

:バーコードを読み取る等の検索ツール

こうした系統のツールが数多く存在します。

対して、今回取り上げるアマスタ(Ama-sta)の機能は

「Amazonでの購入者に評価依頼メールを送ることが出来る」

というもの。

言ってしまえばこれだけの機能です。

ですので、アマスタ(Ama-sta)のセールスレターには、
Amazonでの出品アカウントの評価の重要性を
説明する記述を中心とした構成になっています。

要するにセールスレターを通して

「出品アカウントの高評価が増えれば
商品が売れやすくなる」

という主張がされているわけです。

まずはこの辺りの認識から掘り下げていきますが、
単純な話、残念ながら出品アカウントの高評価が増えれば
商品が売れやすくなるということはありません。

逆に低評価ばかりついているアカウントであれば、
さすがに購入者も敬遠する可能性も上がりますが、
高評価が多ければ売れやすいという現状はありません。

そうした評価に関してレター上では、アンケート結果の図と共に、
購入者の約60%はレビューを気にするという点を述べていますが、
購入者が気にするレビューとは「購入する商品自体」のレビューであって、
「出品者アカウント自体」の評価やレビューではありません。

従って、レター上のアンケート結果に関しては、
出品者の評価が重要であることの根拠や理由にもなっておらず、
むしろ今回のツールとは全く関係の無い記述と言えます。

続く、「カートを取得出来れば売れやすくなる」という
主張については概ね賛同します。
(まあ、カート取得自体は新品商品に限った話ですが、、、)

ただカート取得の条件で、「出品者の評価が重要」という点においては
私の経験上ではやや賛同しかねます。

私の経験上、カート取得に与える要素としては

:売り値が最安値

:配送方法にFBAを利用している

この2点がほとんどを占めています。

実際、私がせどり転売でAmazonを利用していた時は
薄利多売のように、大量の商品を売っていた訳ではないので、
何百件もの評価が付いているアカウントではありませんでした。

それでも、「最安値」と「FBA利用」の2点の条件で
普通にカートは取得できていました。

アカウント評価は全く同じ値段でどちらもFBA利用している
出品者のいた場合にようやく評価の数で、
カート取得の確立が変わる程度の、
いわば「二の次」的な要素だと言うことです。

結局の所、購入者目線で見れば、
新品状態ならコンディションも同じですので、
購入の基準は出品者評価の数ではなく、
やはり安い方を選ぶ人が大半なのが現実です。

評価依頼メールを送る手間に対するアマスタのコスト

出品者アカウントの評価は、
低評価が付くのは好ましくありませんが、
高評価については、あって損するわけではありませんので、
私も評価依頼のメールは気が向いた時に送っていました。

ただ、

「評価依頼をするためにわざわざツールを導入する必要があるか?」

と聞かれれば、私の答えは「NO」となります。

そもそもの話、評価依頼のメール内容については、
購入者1人1人にわざわざ1から評価依頼の文章作成はせず、
同じ内容のメール文章を「コピペ」で送っている人が
ほとんどだと思います。

そうした作業は

「セラーセントラルにログイン」
     ↓
「注文管理画面から各注文商品の購入者の名前をクリック」
     ↓
「コピペ文章を送信」

といった段階で終わるので、その作業時間は
せいぜい10秒くらいではないでしょうか。

こうした作業にアマスタ(Ama-sta)のツール代である
月額1980円を払う価値を感じる人であれば
導入してみるのも良いかもしれません。

私的にはAmazonでの販売に
アカウント評価の数はあまり関係ないと思いますし、
評価依頼メールを送る事にわざわざツールを使うことも

「歩いて1分のコンビニに、わざわざタクシーを使う」

ようなことに近い感覚を覚えましたので、
今回のアマスタ(Ama-sta)は特に導入の必要は感じませんでした。

参考にされて下さい。

それでは。

>コンテンツ一覧へ
>無料メルマガ講座へ