今回はインフォトップでも異例の、
約10年に渡るロングセラー商品となっている
ブログテンプレート「賢威」を取り上げようと思います。

https://www.seo-keni.jp/

このブログも「賢威」を採用していますので、
当然おすすめ出来るテンプレートです。

むしろ、実際に使用してみて

「稼ぎたいなら積極的に導入すべき」

という結論に達します。

そんな訳で今回は「賢威」のレビューを
私の行うSEO対策と絡めて展開していきます。

優れたSEO効果を発揮する「賢威」のレビュー、(松尾茂起)

まずはじめに、私がこのブログで行っているSEO対策は

「質の高い情報を発信すること」

これだけとなります。

「テンプレートのレビュー記事で何いってんだこいつ」

という声も聞こえてきそうですが、
「賢威」をレビューする上でこれは非常に重要な要素となるので、
しばしお付き合いください。

SEO対策の手法と言えば大きく分けて「内部SEO」と「外部SEO」があります。

このふたつの選択肢で言うと私は外部SEOには一切手を付けず、
内部SEOのみを行っています。

理由としては「これが一番合理的だから」の一点に尽きます。

そもそもグーグルが目指す検索エンジンのあるべき姿としては

「キーワードに対して優れた情報を有するサイトを上位表示する」

というものです。

SEO対策に100%の正解はありませんが、
このグーグルの根本的な理念から考えれば

「質の高い情報を発信すること」

が究極のSEO対策と言っても過言ではありません。

そして、最も正解に近いSEO対策と言えます。

事実、近年その傾向は顕著で「パンダ・ペンギンアップデート」と呼ばれる施行で
内容が薄いものや、自演の被リンクなどを受けているサイトやブログは
軒並み検索エンジンの圏外へ飛ばされています。

こうしたグーグルの動向から見ても、
「質の高い情報を発信する」ということが
今後も長期的に通用する王道のSEO対策と言えるわけです。

従って私は、質の高い情報を発信することにリソースを集中させたいので
「サテライトサイトの作成」「自演の被リンク」「中古ドメインの使用」
などの煩わしい作業に時間を取られるのが嫌なんです。

そうした小手先の作業に時間を取られることで、
肝心の記事の質が低くなっては本末転倒です。

仮にそうした作業の結果、ブログが上位表示されても、
ブログに訪れた読者がつまらないと感じれば
すぐにブログから去ってしまうからです。

逆に質の高いコンテンツを提供出来ていれば、
必然的にブログで発信していくテーマに関心を持った読者の方が集まりますので、
読者の質も高まりますし、記事が「面白い」と感じてもらえれば
訪問者のブログの滞在率も高まります。

これがまさにグーグルの理念を考慮した上で、
私が行き着いたブログ戦略の方向性なわけです。

ですので、私の行うSEO対策としては
面倒くさい小手先の作業は一切やらずに

「質の高い記事を書く」

という至ってシンプルなものなんです。

そして、このシンプルなSEO対策を行う上で重要になってくるのが、
「賢威」をブログのテンプレートに採用することになります。

「賢威」がSEO対策に強い理由

「賢威」の導入によって、私が一番恩恵を受けているのは

「検索エンジンに好まれやすいソースコードの綺麗さ」

という部分になります。

そもそもブログというものは
「ソースコード」と呼ばれるもので構築されています。

検索エンジンはソースコードによって
ネット上のブログやサイトの情報を読み取っています。

もちろん検索エンジンが読み取る情報としては、
文章によって構成される記事(コンテンツ)も含まれますので、
記事の質が高い方が良いのは言うまでもありません。

ただ、その過程でソースコードが汚く、
情報が読み取りにくい構成であると

「このブログは情報が読み取りにくい粗悪なサイト」

と検索エンジンに判断される可能性が高くなります。

そうなると、いかに質の高いコンテンツを用意していても、
上位表示が難しくなってしまいます。

極端な例で言えば、「全く同じ内容の記事」であっても、
ソースの綺麗なブログと、ソースの汚いブログでは
綺麗なソース構成のブログの方が
検索エンジンでの上位表示の優先順位は高くなります。

こうした上位表示の順番はダイレクトに集客数に響いてきますので、
そのまま相互作用的に売り上げの低下にも繋がってしまいます。

「ソースコードの違いでそこまで順位が変わるものか?」

「賢威」を導入するまでは私も少なからずそう思っていました。

これは私が「賢威」を購入した後の話です。

私は「賢威」購入後、このブログに「賢威」を設定する前に、
以前運営していたブログでテンプレート導入の練習をしました。

導入の練習後、そのブログは放置していたのですが半年後、
アクセス解析を見ると何故かアクセスが増えていました。

それは放置していた間にブログ記事の順位がわずかに上がっていたからです。

もちろん放置していたので

「5~7ページで燻っていた記事たちが、軒並み1ページ目に表示されていたんです!」

なんて都合の良い展開ではありませんでしたが、
今まで圏外だった多数の記事が3ページ以内に入っていたのです。

行ったのは紛れも無く「テンプレートを賢威に着せ替えただけ」です。

この「事実」を目の当たりにして
私自身ソースコードの重要性をはっきりと認識しました。

従って、検索エンジンで効果的に集客を行いたいのであれば、
あえて「賢威」よりソースコードが劣っている
テンプレートを使う理由は何もないんです。

むしろ、これから長くブログを運営していくのであれば、
投稿していく記事のひとつひとつの順位の差は広がる一方ですので、
「賢威」を導入しないことの損失の方が大きくなっていきます。

例えば仮に検索エンジンからの評価に数字を付けるとします。

綺麗なソースのブログで投稿された記事は「2点」。

汚いソースのブログで投稿した記事は「1点」。

この場合、記事ひとつで見れば、その差はたったの「1点」ですが、
長くブログを運営していく上で、その記事数が100に達した際には
ブログ全体で見ると「100点」もの差が開いてしまうということです。

その後さらに投稿数が増えれば増える程、
その差は永遠に広がり続けます。

これはすなわち累計でのブログへの集客数の差となりますので、
その集客数の差が何千人、何万人という差になるのです。

まさに私のように「質の高い記事を投稿していくことだけ」が
唯一のSEO対策となる戦略を行っているのであれば、
ソースの綺麗さは生命線ということです。

その上で、このブログの記事達が上位表示が出来ている「現実」を見れば
「賢威」の有効性の証明にもなるのではないでしょうか。

「賢威」オリジナルのSEOマニュアルも付属

これは私も「賢威」を購入後に気付いたのですが、
「賢威」はただのテンプレートだけでなく
SEOマニュアルも付属してきます。

こちらのマニュアル内容がまた秀逸なものとなっています。

「賢威」の販売元の株式会社SEMライダー。

その代表でもある松尾茂起さんはSEOコンサルタントです。

インターネット業界にはSEO業者と呼ばれる業者はたくさん存在しますが、
松尾茂起さんはそうした業者の方達を相手に
SEOコンサルティングをされています。

言わば先生に指導する立場の人物です。

その松尾茂起さんが執筆・作成したのが
この付属するSEOマニュアルです。

こちらは松尾茂起さんが実際に有料で行うSEOコンサルの際に
資料として使用されているマニュアルです。

内容の方も「内的SEOマニュアル(全151P)」と
「外的SEOマニュアル(全130P)」の2段構成で、
基礎中の基礎から、上級者まで満足できる内容が
しっかりと網羅されています。

具体的な内容としては

・SEOを成功させるための諸準備

・SEOに大切な5つの要素

・内的SEOの強化方法

・外的SEOの強化方法

・集客のためのキーワード選びとサイト運営の指針

こうしたノウハウが全281Pに渡りぎっちりと記載されています。

個人的にはこちらのSEOマニュアルだけでも、
情報商材として10,000円から15,000円で販売されてても
普通に価値のあるものとして推奨出来ますね。

「賢威」の充実した情報量のサポートフォーラム

「賢威」には購入者限定のサポートフォーラムへの参加権もつきます。

こちらのサポートフォーラムは、文字通り、
「賢威」購入者が分からない所や質問等を
ウェブライダーのサポートスタッフが返信していく
質疑応答が可能なフォーラムになっています。

そうした「初心者フォーラム」をはじめ、

・SEOフォーラム

・WordPressフォーラム

・ネットビジネスフォーラム

・協力フォーラム

・雑談フォーラム

等のカテゴリ別に、過去10年間の書き込みが全て見ることも可能です。

よって、初心者の段階で分からない事があれば、
その答えのほとんどは過去の書き込みで解決されている場合が多いので、
つまずく部分があってもスムーズに解決出来ることが可能です。

また、SEO業者と思われる方々もたまに出入りしているようで、
私の知識を前提にしても普通に勉強になる書き込みも多々あります。

情報商材でもサポートフォーラム付きのものを時々見かけますが、
販売直後は購入者同士の書き込みが活発でも、
段々と人の出入りが少なくなっていく傾向が多いのが現状です。

いわゆる「過疎っていく」ことですね。

ただ、この「賢威」のフォーラムに関しては
販売から10年経過してもなお、
その書き込みは増え続けています。

それはやはり売れ続けているから故に、新規参加者が常にいて、
なおかつその知識向上に熱心な方々も
多く出入りしているからに他なりません。

とにかく集客力を高めたいのであれば、「賢威」はおすすめです

・綺麗なソース構成の「ブログテンプレート」
・基礎から専門的な知識を網羅した「SEOマニュアル」
・圧倒的な情報量の「サポートフォーラム」

この3つがセットになって販売されているのが、「賢威」です。

特に私のように無駄な作業をせずに、

「質の高い記事作成だけに集中したい」

のであれば、「賢威」はまさに「うってつけ」なわけです。

「賢威」よりソースの劣るテンプレートであれば、
それを補うための何らかのSEO施策をする「労力」が必要です。

そしてそうした「労力」を施すにせよ、
そのSEOの知識を補充する「時間」がまた必要になります。

それらの「労力」と「時間」を質の高い記事作成に費やすことが出来れば
ブログが強力な集客元になることは
いまさら説明の必要はないかと思います。

よって上記のような費やす労力さえも分からないレベルの方であれば、
なおさら「賢威」を導入した方が費用対効果は高くなります。

最初は質の高い記事は書く事が出来なくても、
「賢威」を導入することで、
ソース自体はトップレベルのものに出来るわけですから。

それこそ後は「質の高い記事作成」に注力することが可能になりますので、

「記事作成のみで高い集客効果を得たい」

のであれば、「賢威」を導入されることを検討してみてください。

【賢威】詳細&案内ページへ

以上が賢権威のレビューになります。

参考にされて下さい。

それでは。