先日公開された「ヤマダ電機せどりファイナルメソッド」という教材の
バックエンド的な高額塾が早くもインフォトップにランクインしていました。

今回は注意喚起的な意味も含めて
そのせどり高額塾についてレビューしていこうと思います。

こちらの「SJP~せどりジャンキープロジェクト」
というものですね。

ttp://curiascoop.com/lp/sjp

こちらの「せどりジャンキープロジェクト」は
インフォ業界である意味有名な「株式会社キュリアスコープ」さんです。

もし購入を検討しているのであれば、
このレビューを参考にしていただければ幸いです。

「株式会社キュリアスコープ」について

まずはじめに個人的には高額塾自体を
あまりおススメすることはありません。

ましてせどり程度のビジネスであれば、
それこそこうした高額塾に入らなくても
ネット上に転がる無料の情報でもそれなりに成果は出せるからです。

ですので、今回の「SJP~せどりジャンキープロジェクト」も
おススメしません。

ただ、「SJP~せどりジャンキープロジェクト」については、
高額塾云々を抜きにして、
もはやおすすめしない理由としては

「販売元が株式会社キュリアスコープさんだから」

という理由が先行してしまいます。

「株式会社キュリアスコープ」さんは、毎月のようにせどり系の
情報商材をリリースしている会社です。

ただ、新たな教材をリリースするたびにそのセールスレターの方で、
転売実績や経歴詐称等の捏造を頻繁に行っており、
毎回ボロが出てしまっているのが現実です。

前回レビューを行った「RTL第5期せどりアフィリ塾」の記事でも
その辺りに触れていますので興味があれば目を通してみてください。

>「RTL第5期せどりアフィリ塾」のレビュー

また、教材内容の方も、私自身もこのブログで取り上げるために
実際にいくつか教材を購入してみましたが、
正直、どれもそのクオリティは褒められたものではありませんでした。

こうした購入者をバカにしたようなセールスレターと
実際の教材のクオリティを見てきて、
私はもはや内容の確認のために購入することも辞めました。

ここらへんが、「せどりジャンキープロジェクト」をおすすめしない理由に
「株式会社キュリアスコープだから」と言うものが先行している所以となります。

「SJP~せどりジャンキープロジェクト」のレビュー

一応「SJP~せどりジャンキープロジェクト」の
内容の方にも言及しておこうかと思います。

「SJP~せどりジャンキープロジェクト」のコンテンツとしては、

・青山有光さんのLINEでのサポート(半年間)

・家電量販店せどりのマニュアル

・差額を見つけるWebツール

これら3つのコンテンツで価格は198,000円。

これはあくまで個人的な所感ですが、
この価格であれば、サポートは1年くらい設けても良い気はします。

まあ、青山有光さんが販売した前回の「ヤマダ電機せどりファイナルメソッド」の
セールスレターで提示されていた転売実績はほぼ捏造まがいのものでしたので、
実際に青山有光さんがどれほどのサポートを出来るかも
少々不安視するべき部分でもありますが。

マニュアルの方も、青山有光さんが得意とする
ヤマダ電機をはじめ、

・K’s電機せどりマニュアル

・ビックカメラせどりマニュアル

・コジマデンキせどりマニュアル

・ジョーシンせどりマニュアル

・エディオンせどりマニュアル

・ヨドバシせどりマニュアル

・ベスト電機せどりマニュアル

のと言った大手家電量販店のせどりマニュアルが加わっています。

一見すると、各店舗のノウハウが増える事で、
仕入れ先も増えると見ることも出来ます。

ただ、前回の「ヤマダ電機せどりファイナルメソッド」のセールスレターで
その転売実績に「水」や「お菓子」や「雑誌」等が紹介されていた事から
あえて、「家電量販店」にこだわる理由もなければ、
それこそ「店舗仕入れ」をアピールする理由にもならないと思います。

まあその転売実績すらほぼ捏造まがいのものでしたので、
過去のこの販売会社のマニュアルから察するに
今回のマニュアルでも、まともにせどりのノウハウを学べるとは思いませんが、、、

付属する電脳せどりツールですが、
こちらはSJPに参加している間は使用可能です。

こちらはツールの説明動画内で青山有光さんが
ツール利用者による商品の競合を否定していましたが、
これは普通に競合すると思います。

競合を否定する理由として

「ケーズ電気はおひとり様一点までの購入システムだから」

と述べていますが極端な話、
利益の出る商品の在庫が10点しか無ければ、
それがいくら「おひとり様一点までの購入システム」であろうが
ツール利用者がそれ以上の人数であれば普通に飽和する単純な話です。

こういう系のツールは購入者が増えれば増える程、
競合は避けられないのが現実です。

以上の3点がコンテンツの「せどりジャンキープロジェクト」ですが、
個人的には198,000円の価値は感じられませんでした。

むしろ、セールスレターの実績捏造等の部分で、
やはりそうした不誠実な販売元に198,000円を払う価値よりも
払うリスクの方がどう考えても高いように感じます。

それこそ、無料でリスクなしで、内容も遥かに充実したせどり教材もありますので、
「せどりジャンキープロジェクト」の購入を検討しているのであれば、
一度こちらの案内ページを見てからでもその最終判断は遅くはないはずです。

・次世代せどりメソッド「せどりインサイダー」無料マニュアル

何を学べるか分からないものに198,000円を払うよりは
こちらの無料マニュアルの方が得られるものは遥かに多いです。

少なくとも費用対効果の面では勝負になりませんので。

参考にされてください。

それでは。

>コンテンツ一覧へ
>無料メルマガ講座へ