アフィリエイトで報酬を得るためには
当然、記事を書いていく必要があるのですが、
営利目的で作成するコピーには果たさなければならない事があります。

それがコピーライティングの

「3つの壁(3つのNot)」

と呼ばれるものを越えていく事です。

今回はコピーライティングの基本中の基本である
「3つの壁(3つのNot)」について話します。

コピーライティングの「3つの壁」とは?

人の中には基本的に知らない人の書いた文章を

・「読まない」(not read)

・「信じない」(not believe)

・「行動しない」(not act)

という「3つのnot」が存在します。

あなた自身の事として考えてみてください。

例えば新聞に載っている広告欄をあなたは全てまじまじと読みますか?

、、、読みませんよね。

チラシで

「このネックレスは身に着けるだけでお金が舞い込んできます!」

と書かれた文章を信じますか?

、、、信じませんよね。

「幸運のネックレスの購入は今すぐこちらまで!!(電話番号)」

・・・買いませんよね。

このように人は基本的に文章を
読まないし、信じないし、行動しません。

自分1人で完結するような日記であれば
「3つの壁」の概念を考える必要はありません。

ただ、コピー(文章)によって読み手を購買に向かわせる事が目的の
アフィリエイトであれば、この「3つの壁(3つのnot)」は
必ず認識していなければならない概念です。

何故なら、これらの壁を越えない限り
読み手は購買へと行動してくれないからです。

これはセールスレターだけの話ではなくて、
レビュー記事はもちろんの事、通常の記事でも言えることです。

セールスレターは言うまでもありませんが、
何故、通常記事でもこの概念が必要であるかについてですが、
アフィリエイトにおいて通常記事は価値のある情報を提供し、
読み手からの信頼の積み重ねを得る事も目的のひとつにあります。

信頼の積み重ねこそが、その後の商品の成約に繋がっていくからです。

要するに成約という目的のために、
日頃の通常記事でも「信じない壁」を越える必要があるということです。

この「読まない」「信じない」「行動しない」を1枚のセールスレター、
もしくは1つの記事の中で丁寧に越えて行ってこそ、
始めて読み手が行動に移してくれるようになるのです。

いくらコピーライティングのテクニックを単品で学んだ所で、
全ての文章の下地にこの「3つの壁を超える事」が備わっていないと、
そのテクニックを生かす事が出来ません。

逆に言えば数あるコピーのテクニックは、
この3つの壁を越えるためにあると言っても過言ではないでしょう。

「3つの壁」を越える順序

文章を書く際に「3つの壁」を越える必要がある訳ですが、
越える壁にも順番があります。

①「読まない壁」

②「信じない壁」

③「行動しない壁」

上記が「3つの壁」を越える順序です。

考えれば当然の事ですが、
文章を読まないのに信じる事はありえませんし、
信じてないのに行動することもありえません。

この順序があるからこそコピーのスキルを使うのは、
必然的に文章の頭の方から「読まない壁」を越えるためのテクニックを使い、
その次に「信じない壁」を越えるテクニックを使い、
最後に「行動しない壁」を越えるためのテクニックを使う事になってきます。

コピーライティングのテクニックを使うのは、
「3つの壁」の概念を認識して始めて生きてきます。

コピーライティングの「3つの壁」まとめ

お金を生む文章に課せられた課題。

それは読み手の「読まない」「信じない」
「行動しない」という3つの壁を超える事です。

また、何のためにコピーライティングのスキルが存在するか?

それもまた「3つの壁」を超えるためです。

今回お伝えした読み手が持つ「3つの壁」の概念をおさえた上で、
コピーライティングの各テクニックを学んでいき、
それを文章に応用していってください。

参考にされてください。

それでは。

>コンテンツ一覧へ
>無料メルマガ講座へ