先日メルマガ読者の方から興味深い質問を頂きました。

ご質問の内容をざっくりお伝えすると

「日々のブログやメルマガ記事の作成で、
特典作成に中々手が付けられないんですが
このままで大丈夫でしょうか?」

という内容でした。

何が興味深いかと言えば、
その質問を頂いた読者の方は全く未経験の状態から
アフィリエイトを始めて現在一ヶ月程だそうです。

私のメルマガ講座の方では基本的に、
全くゼロの状態からアフィリエイト媒体を構築するノウハウを
段階ごとに順を追ってお送りしているものです。

>無料メルマガ講座へ

従ってそのノウハウ通りに、作業をされているとのことですが、
私が初心者だった頃を思い出すと、
一ヶ月で特典を作るというプロセスまで達している行動力に
ただただ驚くばかりです。

今回ご質問くださった読者の方は、
アフィリエイトする商材につける特典の作成作業が進んでいないことを
懸念されているようでした。

私からの回答としては、

「日々作成されているブログやメルマガの記事の質を
落とさない程度に特典の作成をされて下さい」

という回答と共にその理由を添えてお送りしました。

そこで今回は、記事や特典等の
コンテンツ作成についての考え方をお話します。

スマホゲームという優れたマーケティング戦略

スマートフォンが普及し始めてから、
爆発的にゲーム市場のパイを奪い始めたのが
スマホゲームです。

あなたもスマホゲームのひとつやふたつは、
インストールしているのではないでしょうか?

私もいくつかスマホゲームを入れていますが、
収益を発生させるビジネスモデルとしては
非常によく出来てたシステムだと思います。

スマホゲームには「パズドラ」や「モンスト」など
ジャンルは様々にありますが、基本的には無料で遊べます。

そのゲーム内でガチャや装備などを購入したり、
行動回数の回復等を行うには
ゲーム内独自の通貨(石・ダイヤなど)のようなものを使用しなければなりません。

ですが、普通に無料でプレイするだけでは、
中々そうしたゲーム内通貨は貯まりませんので、
回したいガチャやイベントで行動回数を増やしたい場合などには
実際に課金して、ゲーム内の通貨を購入する事も出来ます。

まあ要するに、

「基本無料で遊べるけど、もっと遊びたいなら課金してください」

というビジネスモデルですね。

ここで、「課金されるか・されないか」を分ける要素としては単純に、
無料で遊べるコンテンツが「面白いか・面白くないか」です。

これはアフィリエイトにも同じ事が言えます。

フリー戦略でいかに価値を提供出来るか

こうしたスマホゲームの課金ビジネスは、
フリー戦略を用いています。

マーケティングで言う「フロントエンド」と「バックエンド」ですね。

:フロントエンド=集客用コンテンツ

:バックエンド=収益用コンテンツ

簡単に言えば上記のようなことです。

「フロントエンド」と「バックエンド」については
こちらの記事にて詳しく解説しています。

>マーケティング(DRM)におけるフロントエンドとバックエンドの違いや意味

今回ご質問を頂いた読者の方も私と同じく、
ブログとメルマガを用いたアフィリエイトをされているのですが、
特典を作成する前に抑えておかなければならない部分もあります。

それは、

「フロントエンドでいかに価値を提供出来ているか」

という部分です。

アフィリエイターでいうフロントエンドとなるものは、
「ブログ」や「メルマガ」や「無料レポート」等、
読者の方が無料で閲覧出来る情報のことを指します。

バックエンドはその名の通り、商材等のオファーを指します。

流れで言えば、無料メルマガでノウハウをお伝えして、
さらに詳しく勉強したければ、商材を購入してもらうというものです。

ただ、こうした無料で提供しているものに、
読者の方が価値を感じてもらわなければ
バックエンドとなる商品の成約には至りません。

ですので今回の読者の方が気をつけなければならないのは、
いかに今の段階で特典作成に力を入れた所で、
通常のブログやメルマガの記事の質が落ちてしまっては
本末転倒になってしまうという所です。

もちろん特典を適当に作るというのは論外ですが、、、

購入者側からすれば、
特典と言うものは商材購入後にしか見れないわけですから
無料で提供する情報にいかに価値を感じてもらえるか。

ここを疎かにすると、オファーへの反応は得られません。

スマホゲームで例えるなら、
そもそも無料で遊べるゲーム自体がつまらなければ、
課金なんてするわけないですよね。

それと同じです。

いくら気合を入れた特典を作成出来ても、
日々のブログやメルマガの記事の質が低いものであれば、
読者の方からの興味や信頼を獲得することができませんので、
当然、その先のオファーへの反応も得られないわけです。

言うなればブログ記事等の無料で提供する情報は、
読者の方から書き手へ「信頼に値するか」を図る指標のひとつとなります。

当然、記事の質が低いものであれば

「この人は大したことなさそうだな」

と思われておしまいです。

従って、気合を入れて特典を作成するのは当たり前で、
その上で、その前段階であるブログやメルマガの質も
高めていく必要がある、という冒頭の回答へと行き着きます。

以上が、今回ご質問くださったメルマガ読者の方へ回答と共に送った
特典コンテンツ作成における考え方の「理由」になります。

参考にされてください。

それでは。

>コンテンツ一覧へ
>無料メルマガ講座へ