売り込むことに罪悪感を感じる必要はない

メルマガ読者の方や、教材購入者の方々とやり取りする中で
多くの方が勘違いというか躊躇している事があります。

それが、売り込むことへの「抵抗」や「罪悪感」です。

特に扱うテーマに関する知識が0の状態から始めた
初心者の方に多いと感じるのですが、要は

「自分なんかが売り込んで良いのか?」

「自分から売れても良いのか?」

という心理ですね。

確かに知識0からアフィリエイトを始める場合、
そうした抵抗などを感じることがあるかもしれません。

例えば「稼ぐ系」をテーマにしている場合、

「稼げていないのに稼ぐ系のテーマを扱っても良いのか、、、」

というようなジレンマに陥る方は多いんですが、
それに通じるところかもしれません。

ただ現実問題、アフィリエイトしたい教材等は
レビュー記事などを書かなければほぼ「売れない」のが現実です。

巷では

「売り込まないでも勝手に売れて行きます」

などの主張をしているアフィリエイターさんもいますが
そうした方のブログを見てみると普通にレビュー記事等で
売り込みをしているのが現実です。

そんなわけで今回は、初心者の方が感じる
売り込みに対する「抵抗」や「罪悪感」については
特に感じる必要はないですよってお話です。

売り込むべきか、売り込まないべきか

まず明白にしておく部分として、
売り込みはするべきか否かというところですが、
答えとしては「売り込みはするべき」です。

そうでなければ、初心者の段階ではまず成約には至りません。

道端ですれ違う初対面の人に

「どうしてもあなたから買いたいのでアフィリリンクを送ってください」

なんて特異な人はいませんよね。

それなりに長く活動をされていて、
多くのファンやリピーターを獲得しているアフィリエイターさんならまだしも
初心者の段階ではそうしたことはまず起こりえません。

売り込みはするべきという前提ですが
メルマガ登録直後の一通目のメルマガで売り込むとか
そうした極端な売り込みはもちろんNGです。

ここでいう「売り込み」の最低限のラインで言えば

:レビュー記事を書く

:関連する記事に教材のリンクを貼る

程度のことです。

この程度のレベルでも意外と抵抗を感じる初心者の方が多いようです。

ただ、「レビュー記事を書く」などの最低限のこともしなければ
アフィリエイトでの成約には至りませんので
結論を言えばそうした売り込みは「やる」以外に
選択肢はないわけです。

根本的にアフィリエイトをやる方は
「お金を稼ぐこと」が目的でこの業界に参入しているはずですので、
売り込みを「やらない」のであれば稼げないんで
日々ブログなりメルマガなりを執筆している意味はないからです。

そこで次は「売り込み」に対する「抵抗」や「罪悪感」は
特に感じる必要はない理由をお伝えします。

価値を感じたから購入してもらえるだけって話

私はアフィリエイト報酬は価値ある情報を提供できた
その対価として得られるものだと考えています。

従って成約に至るには

「読み手が価値を感じる情報を提供できた」

ということが前提になります。

この前提を踏まえると冒頭であげた

「自分から売れても良いのか?」

という初心者の方の疑問は、ほぼ無意味な罪悪感と言えます。

なぜなら「モノが売れた」ということは
「読み手が価値を感じたから」という結果だからです。

「価値を提供した」という対価で「報酬を得る」ことが
いけない理由は特にないはずです。

もちろん詐欺的な教材を売りつけるのは駄目ですし、
アフィリエイターとしての信用もなくなりますので
単発で売れてもリピーターが獲得できず
まず先細りになって終わりです。

ただ、しっかりと知識を補充しながら養った目で吟味した有料教材を
読者の方に紹介していくことは十分に価値のあることです。

ですので、レビュー記事を書くことに
罪悪感を感じる理由は特に全くないんです。

・売れれば読み手に価値を提供できた。

・売れなければ、まだ価値を提供出来ていない。

ただこれだけの話です。

そこで売れるか(価値の提供をできたか)、
売れないか(価値を提供出来ていないか)は結局のところ
レビュー記事などの売り込みの記事を書かないことには判断できないことです。

良くも悪くもアフィリエイトは画面越しなので、
実際に対面してのやり取りはありませんので
お客さん(読者さん)側も軽い気持ちでレビュー記事を読むだけです。

例えばスーパーの試食コーナーで試食だけして買わないのであれば、
お客側からすると試食コーナーのおばちゃんに
多少の罪悪感も生まれるかもしれません。

ですが、アフィリエイトの場合は読み手がレビュー記事を読んでみて
特になにも感じなければそのまま戻るボタンを押して終わるだけです。

今回は「売り込み」としてレビュー記事を例に挙げましたが、
買う・買わないの判断は結局のところ読み手にゆだねますので、
実際のところ読み手からしても別にレビュー記事自体には
「押し売り」レベルの売り込みとは感じていません。

今回の話をまとめると

・売れれば価値の提供ができた

・売れなければまだ価値の提供が出来ていないだけ

・それを判断するには「売り込み」の記事を設置するしかない

・結局「買う」「買わない」の最終判断は読み手にゆだねている

こうしたことから、初心者の段階でも
「売り込み」の記事を書くことに「抵抗」も「罪悪感」も
感じる必要は特にないわけです。

もちろん集客から売り込みまでを自然な流れで
持っていければなお好ましいので、そうした流れを確認したければ
無料メルマガ講座の方で私の戦略を段階を追って解説していますので、
興味があれば下記URLからご登録してみてください。

>無料メルマガ講座へ

まだ初心者の段階で、売り込むことに躊躇しているのであれば
今回の考え方を参考にされて下さい。

それでは。

>コンテンツ一覧へ
>無料メルマガ講座へ

サブコンテンツ

このページの先頭へ