内部SEO対策で欠かせないのが、ブログの「テンプレート」と呼ばれる雛型。

多くのアフィリエイターが取り入れているテンプレートですが、
今回はテンプレートについて私の思う所をお話します。

テンプレート<<<<コンテンツ

よくテンプレートを紹介する際に見る文章として、

「このテンプレートを入れればグーグルの評価があがるので、
あなたの報酬もアップ間違いなしです→(アフィリンク)」

というようなものを見かけますが、これは嘘です。

テンプレートを入れれば検索順位が
劇的に上がる即効性があるかといえばそれはありません。

いくら優れたSEO対策済みテンプレートを入れても、
そのブログ内にコンテンツがなければ意味はありません。

店構えの綺麗なお店に入ったは良いものの、
肝心の商品が置いてないものと同じだからです。

仮にSEO対策済みのテンプレートの導入によりアクセスが増えても、
結局は報酬が発生するコンテンツ、それに伴う文章がブログ内になければ、
いくら優れたテンプレートを入れても報酬は当然0です。

グーグルに好かれるブログであろうが最終的にお金を払うのはグーグルではなく、
画面の向こうにいる人間ですからね。

従って報酬を発生させるには
テンプレートよりもコンテンツが重要であることは言うまでもありません。

SEO対策済みテンプレートの効果

テンプレートよりもコンテンツが重要であることを前提に、
SEO対策済みテンプレートを導入することが
何故SEOに効果的であるかの解説から始めます。

グーグルのクローラーと呼ばれるサイト巡回ロボットは、
我々人間が見ているものと異なり、
ブログを構成するソースコードという文字列を読み込んでいます。

今あなたが見ているこの記事のどこでも良いので
右クリックして表示される「ページのソースを表示」という部分を押してみてください。

するとこのブログのソースコードを見ることが出来ます。

クローラーはまさにこのソースコードを読んでブログの情報を読み取っています。

主にどこを見て評価するかと言えば、
ソースコードと呼ばれるHTMLの文字列の構成です。
我々人間が見る分でそのブログが綺麗な見た目でも、
クローラーが見るソースコードの構成が汚ければ、
グーグルには「情報を読み取りにくい粗悪なサイト」と見なされる訳です。

よってブログのソースコードが汚い構成で組まれていると、
検索エンジン上での上位表示が難しくなる原因になります。

また、訪問者のユーザビリティ向上にもテンプレートは有効です。

どこにどんな記事がかるかを分かりやすくすることで、
訪問者のブログ滞在時間が向上され、それに伴いグーグルの評価も高まる。

これはコンテンツが存在して初めて発揮するされるテンプレートの効果です。

私がSEO対策済みテンプレートを入れる理由

テンプレートにも有料・無料とありますが、
このブログは「賢威」というSEO対策済みの有料テンプレートを採用しています。

ブログサービスに元々付属しているテンプレートや、
無料で配布されているテンプレートには外部リンクや広告表示のスクリプトなど
余計な要素がソース自体に埋め込まれている等の理由にから、
クローラーが情報を読み取り易いのはやはりSEO対策済みのテンプレートとなります。

その上でコンテンツが一番大事なのは当たり前ですが、
やはりそれを読んでくれる読者がいなければ報酬は発生しません。

このブログでは被リンク等の外的なSEO対策はしておらず、
SEO的な集客でいえば、コンテンツ内のキーワードでの集客が主です。

そのキーワード集客を始めとするSEO対策の目的とは、
いかにライバルサイトよりも検索エンジンで上位表示を目指すか。

これに尽きると思います。

しかし当然ライバルサイトも上位表示の努力をしている訳で、
その努力のうちのひとつに、
より優れたテンプレートを使うという選択肢を取っています。

そういった事情を考慮すると、
何故私がお金をかけてでも有料のSEO対策済みのテンプレートを使っているかですが、

「わざわざライバルサイトより劣化しているテンプレートを使う理由がないから」

となります。

テンプレートの考え方まとめ

テンプレートを導入し、グーグルのクローラー好みのソース構成にして、
検索エンジンで上位表示を果たすために、
ビジネス目的でブログを運営するのであれば
有料でもSEO対策済みのテンプレートは必要でしょう。

またライバルとなるサイトも当たり前にその努力をしているので、
ましてあなたがアフィリエイト初心者で、
検索エンジン上からの集客で勝負しようとするならば
せめてそのブログ環境くらいは同じものを用意するべきでしょう。

コンテンツもスカスカ、キーワード選定も未熟。

それであればせめてスタート地点くらいは
あなたよりも先にブログを構築しているライバル達と
同じにする必要があるのではないでしょうか?

当ブログで利用しているテンプレート「賢威」についてのレビューもしていますので、
こちらもご覧ください。

>SEO対策済みテンプレート「賢威」のレビュー記事

参考にしてみてください。

それでは。

>コンテンツ一覧へ
>無料メルマガ講座へ