アフィリエイトと並び、ネットを使った有名なビジネスに
「せどり」と言うものがあります。

現代のせどりとは簡単に言えば
「インターネットを使った転売」の事です。

参考までにwikipediaによれば

「古書店等で安く売っている本を買い
他の古書店等に高く売って利ざやを稼ぐこと」

と記載されています。

せどりと言う言葉には諸説ありますが
業者間で競って取り合う事から「競取り」
と言われる事や、本の背表紙を見て取ることから
「背取り」等といわれることもあるようです。

このように元々は「本」が仕入れの対象でしたが
インターネットを使った現代のせどりは
本・CD・DVD・ゲーム・家電・おもちゃ、、、etc
と、様々なものがその仕入れ対象となっています。

そして現代のせどりでは仕入れたものを
Amazonやヤフオク等のネットショップや、
最近ではメルカリ等のフリマアプリ等で販売していきます。

ネットビジネス初心者がせどりを行うメリット

一番のメリットとしては稼げる期間の早さとその手堅さです。

まず初心者の方でも利益を出しやすい理由から説明します。

私が行っているようなブログやメルマガを使って
情報商材を扱うアフィリエイトというビジネスは、
ブログ・メルマガといった媒体の構築から
読者さんとの信頼関係を築くことに、どうしても時間がかかります。

ブログ等にそのコンテンツとなる記事が無ければ、
読者さんもブログに訪問してくれませんので、
実際のお店で言えば
お客さんがお店に来ないのと同じ状況になります。

つまりブログに記事を加えて行く作業が、
いわゆる集客のための作業となります。

報酬が出るまではひたすら記事を投稿していく
という期間がアフィリエイトには必要で、
その期間に多くの初心者の方は
アフィリエイトで挫折してしまう傾向にあります。

その点、せどり等の転売においては集客の作業がありません。

例えば、あなたも含めて多くの方が一度は
Amazonやヤフオク等のネットで買い物をした経験があると思います。

そうしたAmazon等のネットショップは自社のブランド力で、
既に物を買いたい人がAmazonのサイト内に溢れかえっています。

従って、アフィリエイトのようにあなたが1からブログやメルマガ等の
媒体を構築する必要もなければ集客にあくせくする必要もありません。

需要があるものをそこに出品すれば必然的に物は売れていくのです。
それはネットショップを利用する人間が既に大勢いるからですね。

これが初心者の方でも利益を出しやすいと言われる理由です。

次に手堅く稼げる理由の説明です。

「安く仕入れて高く売る」

これが転売の絶対条件で、この条件さえ守れば
利益が出ない可能性は限りなく0%に近づきます。

その根拠と理由をお話します。

まずせどりと言うものは仕入れの際に、赤字になるものは当然仕入れません。

例えば仕入れ値100円の本がアマゾンでは1000円で売っています。

ここではややこしい手数料等を考慮せず単純に、
あなたがその本を出品し1000円で売れれば
その差額900円があなたの利益となります。

逆に仕入れ値100円の本がアマゾンでは1円だとしたら
その本は仕入れませんよね?

何故なら赤字になるからです。

この様に仕入れの際に黒字になるものしか仕入れないので
せどりは赤字になりようがないのです。

ただしアマゾンでの値段が徐々に下がっていく事もありますが、
それもアマゾンの値段や出品数の推移が見れるサイトがあります。

そのサイトを見ればある程度値段の推移の予測も可能となります。

こうしたあと出しじゃけんの様な事が出来るのが
せどりが手堅く稼げる理由です。

アフィリエイトで挫折する人の多くは
「利益が出ない」
この理由が大半です。

アフィリエイトは集客スキルや販売スキルの勉強等で
利益が出るのにどうしても時間がかかります。

ですが「せどり」の場合はあなたの集客スキルは関係ありません。

あなたの出品する商品さえ良ければ
せどりを始めた初月でも必ず売れますし、利益もでます。

そういった”利益をモチベーションにしやすい”と言う部分も
ネットビジネス初心者でも成果を出しやすいビジネスと言えます。

私の感じたせどりのデメリット

当然せどりにもデメリットとなるものもあります。

私も以前はせどりメインでバリバリ活動していた時期がありますが、
一番のデメリットは単純に「肉体労働」だということ。

私の場合はマックスで売り上げ80万ちょいの、
利益20万後半と言った所をウロウロしていました。

この程度の売り上げレベルでも、
仕入れ&梱包という作業に追われて忙しい日々を送っていました。

しかもアフィリエイトと違い、稼ぎ出す初速こそ早いものの、
稼げる上限というものはやや頭打ちになる傾向にあります。

その辺を少し掘り下げていくと、せどりで利益を上げるためには、

:商品単価を上げるか

:商品数を増やすか

単純にこの二択となります。

しかし単純に商品単価を上げると言っても、
そう易々と利益額の高い商品は見つかるわけではなく、
当時の私を含め、
大多数の方は商品数を増やして利益額を上げているのが実情です。

商品数を増やせば利益が増えるなら良いかと思いがちですが、
現実問題、商品数に比例して仕入れや梱包等の作業量も膨大になっていくわけです。

媒体や仕組みの構築が一通り終われば多少の自動化と、
その後の集客作業に力を入れることにより、
その収入も青天井で増えていくアフィリエイトと違い、
せどりの場合、組織化や人を雇うといった事をせず、
完全に個人でやろうと思えば
その収入は売り上げ300万円、
100万円程度が限度かと思います。

上記の作業量と収入の頭打ちが、
私がやってて思ったせどりのデメリットです。

メリット・デメリットの兼ね合いもありますが、
もしあなたが文章を書くことに苦手意識があったり、
ネットビジネスに即金性を求めるのであれば、
今回紹介した「せどり」もその選択肢の内に入れてみると良いかと思います。

逆に言えば、あなたがそういったものに特に苦手意識が無いようであれば
私としてはやはり情報商材アフィリエイトをおすすめします。

それはやはり、せどりの仕入れや梱包等に使う時間が
そのままあなた自身のブログやメルマガ媒体の構築に使用出来るからです。

何よりせどり転売よりはるかに稼げますからね。

参考にされて下さい。

それでは。

>コンテンツ一覧へ
>無料メルマガ講座へ