コピーライティングレボリューションのレビュー、関口智弘

インフォトップの方で新たに
コピーライティング系の教材がランキング入りしていました。

関口智弘さんという方の
「コピーライティングレボリューション」という教材です。

http://urless.info/cwr2017/

基本的にコピーライティング系の教材というものは
教材そのもののレターの完成度で
ある程度その内容の良し悪しも判断が可能です。

そこで実際にコピーライティングレボリューションの
セールスレターを読んでみましたが私的には
あまり「ピンとくるもの」を感じなかったのが正直なところです。

そうした理由も含めて今回は
「コピーライティングレボリューション」のレビューをしてみます。

コピーライティングレボリューションのレビュー

まず冒頭でもお伝えしている通り、
私的には「ピンとくるもの」がありませんでしたので、
この「コピーライティングレボリューション」に
1万円の価値を感じることが出来ませんでした。

私が教材に一番求めるものは

「何を学べるか?」

という部分です。

そうした点で見ると、
コピーライティングレボリューションのレターからは
「何を学べるのか」という部分がかなり不透明に感じました。

レター序盤で展開されている、

「コピーライティングの極意は、文章にあらず!
セールスに際しての企画にあり!」

という主張がありますが、

「それってもはやコピーじゃなくてマーケティングじゃないですかね?」

と突っ込みを入れたのは私だけでしょうか。

そこからコーラを例に出した話に展開していき

「セールスのための企画には、
こういった、値引き販売も含まれるのです。」

と続きます。

商品の値引きはコピーライティングではありません。

のっけからコピーじゃなくてマーケティングの話になってて
コピーを学びたい私的には既にげんなりしました。

それとこうした系統の教材というものは
目次的な感じで教材を構成する各パートの紹介もするのですが、
全部で何章あるのか分かりませんが
一部の項目しか紹介しかされてません。

こうした項目の紹介というものも

「この教材を買えばこういうことが学べますよ」

というメリットの提示にもなりますので、
私が学んできたコピーライティングの観点からみると
公開しない理由がちょっと理解できません。

関口智弘さん自身がレター内でも

「極論、ただの1冊も売れなかったとしても
私は、一切困りません

だからこそ、ともすれば
自己満足ととられかねないほどマニアックに
理論書としての質の高さに徹底してこだわりました。」

と言及している通り、
そもそも教材を売る気がないのか、
または単純にコピーの知識が無いだけなのかは不明ですが、、、

とにもかくにも私的にはこの教材からコピーに関する
「何かが学べる」とは一切感じませんでした。

「コピーライティングレボリューション」のレターの質について

次にコピーライティングレボリューションの
セールスレターの質について言及していきます。

冒頭でもお伝えしましたが、コピーライティングの教材は

「セールスレターの完成度=販売者の実力」

とそのまま判断して問題ありませんので。

まずレター序盤にでかでかと
リスト取り用の無料プレゼントのURLが設置されているわけですが、
一般的なコピーライティングの観点で言えば間違いです。

セールスレターの役割はズバリ
「成約をとること」が全てなわけですから、
購入ボタン以外に読み手がレターから離脱してしまう
出口を作ってはいけません。

また全体的にレター内での主張ひとつひとつにおける
その理由や根拠というものがかなり薄いなという印象を受けました。

・「あなたはコピーライティングの才能があります」

・「本書を読めばすぐ稼げるようになります」

・「ビジネスで天下は取れる」

といった主張にも
その理由や根拠を発見することはできませんでした。

主張に対して理由や根拠を提示することは
コピーライティングでは基本的なことです。

ですが、「コピーライティングレボリューション」のレターでは
それがほぼ提示されていませんでした。

理由や根拠については下記の記事にて解説していますので
興味があればご覧ください。

コピーライティングにおける「理由」の重要性

ターゲットを分けてレターを複数作成するという論理は分かりますが、
同一のレター内で前半後半でターゲットを分けるのは意味不明です。

インフォトップに登録しているレターでは
前半がコピーライティングを学びたい人、
後半がコピーライティングを学ばないことで損したくない人
と割と分かりやすくターゲットが分かれています。

ですが、同一レター内でターゲットを分けるのは
前半のコピーに興味を持ったターゲットは後半のコピーで興味を失う。

後半のターゲットは前半のコピーには興味を持たない。

それは主張に一貫性がなくなる可能性が出てくるから。

という側面もありますので、普通に商品成約への反応は落ちます。

また主張の一貫性というものに関しても
別のターゲットへ向けたレター(http://uma7.jp/copy/)でも

「一般的な書籍は駄目クソです」

と主張したかと思えば
何故かダン・ケネディやデイヴィッド・オグルヴィを持ち上げてみたりと
かなりフラフラしている印象を受けました。

以上のようにセールスレターの質からみて、
私的には関口智弘さん自身にあまり

「コピーライティングに対する熱量はないのかな」

と感じたと同時に
この教材に1万円の価値も感じない結論へと至りました。

少なくとも同じコピーライティングの教材ですと
私の推奨する>「The Million Writing」のレターの方が

「コピーライティングに対する熱量」

「コピーライティングを学べそう」

という感覚は強く感じることが出来ると思います。

価格に関しても「コピーライティングレボリューション」の
半額以下で全額保証もついてますからね。

「コピーライティングレボリューション」の購入を検討しているようでしたら
その前に「The Million Writing」のレターも読んでみてください。

読むだけはタダですからね。

>「The Million Writing」

参考にされてください。

それでは。

>コンテンツ一覧へ
>無料メルマガ講座へ

サブコンテンツ

このページの先頭へ