アフィリエイトは月に100万円稼げます。

このような良くある謳い文句で
ネットビジネスの業界に足を踏み入れた方は多いのではないでしょうか?
私もその内のひとりです。

そして同じように
『アフィリエイトで稼ぐのは自分には無理だ・・・』
そう感じて業界から去っていく人もまた多いのも事実です。
挫折していく人の原因は大抵「稼げなかったから」と言う理由です。

私からすればその理由は
「まだ稼げていない時期」に過ぎず、
「続けていれば稼げた可能性のある時期」とも言い換える事が出来ます。

極論を言えば稼げるまで続けていれば稼げるのがアフィリエイトというビジネスです。
そしてまた今稼いでいるアフィリエイターの誰しもが
「稼げていない時期」を過ごしていました。

根本的なことをお話すると「稼げないから挫折」するのではなくて「挫折するから稼げない」のです。

そんな訳で今回のテーマは「稼げていない時期をどう乗り越えるか」というテーマでお話します。

 

正しい方法で継続することが大原則

物事には何事も正しい方法と順序が存在します。

私の好きな野球で言えば
「150キロのストレートを投げる」
これが目標の場合、最初からピッチャーマウンドに立ってキャッチャー目掛けて力任せに投げても150キロのストレートを投げることは出来ません。

まずはストレートを投げる為の正しいボールの握り方を覚えなければいけません。
当たり前ですが、150キロのストレートを投げることが目標なのに
カーブの握りで投げ続けても150キロなんで出るはずがありません。
パワプロの世界ならありそうですが現実的には、
日ハムの大谷翔平選手でも無理でしょう。
その行為は単にカーブを投げるのが上手くなるだけで
150キロのストレートを投げることには何も関係ありません。

間違えた方法で練習し続けていても、
それは将来的に間違った方法を極める事しか出来ません。

アフィリエイトでも同じです。
読み手が反応しない文章をひたすら書き続けても
それは読み手が反応しない文章を書く事の達人になるだけで、
一生稼げるようにはなりません。

アクセスが集まらないSEO対策をしても
それは無駄なSEO対策を極めている事に他なりません。

要するに正しい方法で作業を行う事が稼ぐための大前提です。

そして、その作業を継続出来るかが
稼げるか、稼げないかの分かれ目です。

今の時代、稼ぐ為の正しい方法は既に確立されています。
また、その方法論をまとめた教材なんかも沢山出ているので
正しい方法を知ることは容易に可能です。

つまり、稼ぐ為のチャンスは誰でも平等にある訳です。
しかし同じ教材を購入しても
稼げる人と稼げない人に分かれるのは何故でしょうか?

それは私が一貫して主張している
「稼げるまで行動を継続出来たか」
に集約されています。

「稼げなかった」
と言う言葉は言い換えると
「稼げるまで継続しなかった」
であることを覚えておきましょう。

 

希望と恐怖、どちらにフォーカスするか

 

「稼げるまで作業を継続すれば稼げるようになる」

書けば簡単に見えますが、実際にやってみると難しいんですねこれが。
私も過去によくおちいっていたのが、
パソコンの前に座り作業を始めるが、いつのまにかユーチューブを見ていた。
とか関係ないゲームのサイトを見ていたとかですね(苦笑)

このように作業をしなくなる事から逃れるために大切なのは行動することへの動機です。

多くの人がアフィリエイトに取り組み始める動機として
「今より豊かな生活を送りたい」と言う理由が根底にあると思います。

例えば私がこの記事を書くまでの、今日の生活を以下に書きます。

起床は朝の9時過ぎ。
外はあいにくの雨模様でこの時期にしては少し肌寒く感じたので、
1時間程布団の中でぬくぬくとまどろみながら、スマホでニュースのチェック。
昨日干したばかりの布団が気持ちよくてスマホを持ちながらそのまま寝落ち。
2度寝から目を覚ましたのが13時過ぎ。
テレビを付ければ芸能人が巨大なサイコロを転がして
楽しげにトークをしていました。
起きて小腹が空いたので、歩いて5分のいつもの喫茶店へ。
注文したのはいつもお決まりの粉チーズ多目のナポリタンと砂糖たっぷりのコーヒー。
喫茶店で1時間程ゆっくり過ごして帰宅。
そして今この記事を書いています。

上記が私の今日の行動の全てです。
これが豊かな生活と感じるかは人それぞれですが、私はそれなりに幸福を感じています。
このレベルだと月に100万円も稼ぐ必要はなく、
普通に生活出来るレベルの収入があれば可能ですので
月に30万円もあればあなたもこの生活自体は毎日出来るでしょう。

これを読んで「よし、私も自由に向かって頑張ろう!」
と思い作業を始めるあなたの動機は「将来に対しての希望」からです。

ただこれでは私の思う継続性を考慮すると動機としては弱いです。

今現在会社勤めで、将来独立のために副業としてアフィリエイトに取り組んでいる
あたなに私がお勧めするのは
「現状維持への恐怖」を感じる事です。

これはアフィリエイトで商品を成約させるテクニックでも良く使われていますが、
人が行動を起こす動機は感情です。

例えばアフィリエイトで人が商品を行動する心理としては
【欲しい】→【商品を買う理由付け】→【購入】
です。

そして人が行動を起こす感情としては
希望よりも恐怖の方が大きい事も行動心理学で既に解明されています。

話を元に戻します。

会社に勤めているということは、
今アフィリエイトで稼げていなくても「生活は送れている」んですね。
ようは食い扶持に困っていないということです。

だからアフィリエイトで稼げなくてもあなたが死ぬことはありません。
これだと「今日は作業出来なくても明日すれば良いか」
という理由が出来てしまう訳です。

ここで使うのが現状維持への恐怖です。
アフィリエイトで稼いで会社を辞めなければ

「使えない同僚の仕事のしわ寄せが自分にきて残業しなければならない」
「1ミリも面白くない先輩の話に愛想笑いで付き合わなければならない」
「真面目だけがとりえの無能な社畜である上司のクソみたいな仕事論に付き合わなければならない」
「恋人や奥さんからは早く出世して稼いでと愚痴られる」

上記のような会社勤めの日々が、アフィリエイトで独立出来る日まで伸び続けていくと考えると
【今】、アフィリエイトの作業を頑張らなければならない動機に結びつきませんか?

心当たりのあるあなたは是非、
自分の中にある恐怖の感情を上手く使ってみてください。
あなたの将来を決めるのは国でも会社でもなくあなた自身です。

最後に私の好きな名言をご紹介しておきます。

運命よ
 そこをどけ
   俺が通る
by.マイケル・ジョーダン

 

それでは。

>コンテンツ一覧へ
>無料メルマガ講座へ