インフォトップでサト愛さんという方が販売している、

「楽楽ライティング!売れやすい記事の書き方!」

という名前のライティング教材がランクインしていました。

https://rakuraku39.net/writing-infotop/

私自身もこのブログで常々、

「ライティングは重要です」

というような主張をしています。

ですので今回の
「楽楽ライティング!売れやすい記事の書き方!」の
セールスレターも気になって読んでみました。

今回はそんな「楽楽ライティング!売れやすい記事の書き方!」の
セールスレターを読んでみた感想を綴ってみます。

「楽楽ライティング!売れやすい記事の書き方!」のレビュー、サト愛

レターを読む限りでは
既にアフィリエイトに取り組んでいる人を
ターゲットにしている印象を抱きました。

その前提で言えば、私的にはレターの出来と値段からして

・「今からアフィリエイトに取り組む人」

・「既にアフィリエイトに取り組んでいる人」


いずれのターゲットに該当する人にも
特にお勧め出来るような理由が見当たりませんでした。

そもそもこの手のライティング教材っていうのは
既に結構な数がリリースされています。


そうした既存の教材と比べてこれと言った強みというか、
後だし“教材ならではの旨味”みたいなのは全くありません。

値段で言えば「楽楽ライティング!」は9380円ですが、
それより安くて出来の良い教材もいくらでもあります。


また、ライティングの分野でめちゃめちゃ特化している何かがあるかと言えば、
そんな感じもレターからは読み取れませんでした。

では前述した

・「今からアフィリエイトに取り組む人」

・「既にアフィリエイトに取り組んでいる人」


ふたつのターゲットにお勧めしない理由をそれぞれ述べていきます。

初心者に「楽楽ライティング!(サト愛)」をお勧めしない理由

まず「今からアフィリエイトに取り組む人」に関してです。

初心者ということでライティング関係の教材を何も持っていないという前提で言えば、
お勧めしない理由は以下の2点です。

・学べる幅の狭さ

・値段



「楽楽ライティング!売れやすい記事の書き方!」は

・「売れやすい記事の書き方のコツ」(PDF50ページ)
・「売れやすい記事作成補助ツール」(PDF14ページ、動画14分17秒)
・「コピーライティングがアップする方法」(PDF9ページ)
・「心を動かす記事を書くコツとは?」(PDF10ページ)
・「楽楽ライティング!メール講座」(5回分)


この5つのコンテンツですが、
教材名の通り売り込みの記事作成のみのノウハウです。


ただ、アフィリエイトにおいては
売り込みの記事だけ設置して商品が売れるかっていうと厳しいです。

その売り込みの記事にたどり着くまでの
「集客の記事」ってのも必要なわけです。

アフィリエイトでのコピーライティングと一言で言っても

・「集客のためのライティング」

・「セールスのためのライティング」


この2つが存在しますが、コンテンツの内容を見る限り、
サト愛さんがそこを差別化して解説されているとは思いえませんでした。


となると初心者の人ですと、

“アクセスがこない”

っていう定番の悩みに陥るわけです。

アクセスアップの名目でキーワード選びの事も記載されているようですが、レターから汲み取れるのは

・「25字前後でタイトルを付けましょう」

・「商品名+複合キーワードでタイトルを付けましょう」

おおよそこのレベルのノウハウかと。


それとレターを読んでて気になったのが、
ちょくちょく精神論まがいのことが書かれていることです。

「笑顔で書けば笑顔の結果になる」

「記事を書く際の心のあり方も、身に付きます」


などなど。

これは経験則ですが、
レター上でノウハウの中身があまり明確に伝わらず、
マインド論的な文言が出てくるレターの教材で
質の良いものは見たことがありません。

フォローメールと称して延々とマインド論を垂れ流す教材も多いです。

あくまで私の経験上ですがね。

まあなんにせよ、初心者の人が約1万円出すなら
アフィリエイトノウハウ全般を網羅している教材を手にした方が無難かと思います。

次に「既にアフィリエイトに取り組んでいる人」にお勧めしない理由です。

既にアフィリエイトしてる人に「楽楽ライティング!」は必要なし

これは見出しの通りで必要なしというか買う理由がないです。

ライティングの教材を持っていないというのであれば、
上記で述べた理由から別の教材をお勧めします。

・そもそもアクセスがあるのか?

・ターゲット選定がズレていないか?

・レビュー記事を書いているのか?


などなど、売れない理由はいくらでも挙げられますが、
そのどれもがコピーライティングで割りと解決出来るのも事実です。

ですので、

「もっとコピーライティングを学びたい」

そうした視点で言えば、
ある程度有名どころのコピーライティングの書籍とか教材なんかを読んでいる人であれば、
これと言った目新しい情報は得られないんじゃないかと思います。

私自身も一応、世間に出回っているコピーに関する書籍や教材なんかは一通り目を通しています。

その上で「楽楽ライティング!」のレターで提示された教材内容の
伏せ字になってる部分なんかも大体の予想が出来ました。

これは私が推奨している

The Million Writing(ザ・ミリオンライティング)

を既に手にしている人であれば、ほぼ同意件じゃないかと。

・「読んでもらうための理論」

・「信頼を勝ち取る理論」

・「行動に移ってもらう理論」


ここら辺の基礎はこれでもかと漏れなく解説されていますからね。


「楽楽ライティング!」のコンテンツのひとつである
「売れやすい記事作成のスプレッドシート」という文章のテンプレート。

これについては「楽楽ライティング!」のレターが
このテンプレートに添って作成されているとのことですから、
それを知りたいならレター自体を分解すれば済んでしまう話です。

既存の法則で言えば「QUESTの法則」を
おおよその母体にして出来ているのがお分かりかと思います。

コピーライティングの定石から言えば、
正直ひとつひとつパーツの訴求力はかなり弱いですが。

サト愛さんが゛敢えて゛そうしているのかは知るよしもありませんが、
本気でこのレターならその内容はあまり期待しない方が良いんじゃないでしょうか。

少なくともこの手の文章テンプレートだけで文章力が上がったという話は
私の知る範囲では聞いたことがありません。

怖いもの見たさで手を出すなら何も言いませんが、
思うような成果が出ていないのであれば、
まずは王道のコピーライティングを学んでからでも遅くはないと思います。

値段的にも先ほど例に出した、

The Million Writing(ザ・ミリオンライティング)

この教材であれば、
「楽楽ライティング!売れやすい記事の書き方!」の半分以下ですし、
全額返金保証付きですのでまずは読んでみたらいいと思います。


読んでみて気に入らなければ返金すればいいだけの話なんですから。


これまで述べたように、

・後出し教材の旨味がない

・目新しい情報に期待できない

・値段的に他の教材がお勧め


これらの理由から「楽楽ライティング!売れやすい記事の書き方!」は
私的にはおすすめしません。

以上が「楽楽ライティング!売れやすい記事の書き方!」のレビューです。

参考にされてください。

それでは。

>コンテンツ一覧へ

>無料メルマガ登録へ