アフィリエイトの集客面において
ブログをそのメイン経路となる媒体としている人は多いと思いますが、
検索エンジンで上位表示されなければ当然ながら集客数は見込めません。

上位表示の肝となるのは「コンテンツの質にある」ということを
このブログでは常に主張していますが、

「中々アクセスが増えないんですけど、、、」

とメルマガ読者さんからご相談を頂くことがあります。

適切な内容でしっかりと記事を作成していても
検索エンジンに表示されない。

ただ、多くの方が見落としがちな
根本的な原因としてそもそも記事が

“インデックス自体されていない”

という事も少なくありません。
(インデックスとはGoogleで検索した時に
そのページがGoogleに登録されているかです。)

そこで今回は少しSEOの技術的なお話になります。

インデックスされているかを確認する方法

記事を更新していても、そもそもインデックスされていなければ
検索エンジンの検索結果に表示されないのは当然のことです。

ですのでまずは、公開した記事ページがインデックスされているか、
その確認をしてみてください。

インデックスチェックなどと呼ばれるものですが、
Google特別構文検索を使って行います。

使う構文は「site:構文」というもので、
実際の確認方法はGoogleの検索窓に

「site:○○」

このような形で○○の部分にインデックスされているか確認したい
記事のURLを貼り付ける形で検索していきます。

これで検索結果に出てこない場合は、
Googleにインデックス自体がされていないということです。

ですので、当然アクセスが増えるわけもありません。

「じゃあどうすればインデックスされるんですか?」

その答えとしては基本的に放置しとけば
勝手にインデックスされるのが実情です。

これは要するに、該当するブログの現段階では
インデックスされるのが遅いのが現状で、
その主な要因としては以下の2点。

・更新頻度が少ない
・被リンク数が少ない


検索エンジンの上位表示に関するアルゴリズムは
Google独自のクローラーと呼ばれるロボットが
各サイトなりブログのリンクを辿って中身の確認をしています。

更新頻度が低いブログであると、
そのクローラーが巡回してこなくなりますので
当然、インデックスされるまでの時間も延びてきます。

また被リンク数が少ない新規で立ち上げたブログや、
新規で公開した記事なんかもクローラーが巡回しにくいものになります。

ただこうした要素はやっきになって取り組むべきものではありません。

更新頻度についてはあなた自身でコントロール出来るものですし、
被リンクについては良いコンテンツを作成した結果で
得られるもだからのです。

ですので記事作成においては、
そうした外部的な要因に囚われること自体がナンセンスなわけで、
あなた自身がやることは良質なコンテンツを作成するだけです。

ですが、

その前提の上で取り入れるのがインデックスを加速させる
「サイトマップ」というものです。

ブログを運営していれば「サイトマップ」という単語を
一度は耳にしたことがあるかと思います。

ひと口にサイトマップと言ってもその実態は2種類あり、

・HTMLサイトマップ
・XMLサイトマップ


この2つはその必要性や機能、目的が異なりますので
まずはこの2つの違いを軽く説明していきます。

“ユーザー向け”のHTMLサイトマップの必要性とは

まず何となくワードプレスを使用してブログを運営しているが、
そっち系の技術面に疎い人も馴染みがあるのがこちらの
「HTMLサイトマップ」じゃないかと思います。

このHTMLサイトマップは現在ではSEO上での効果はないとされているのが定説で、
インデックスにおいても特に効果はありません。

HTMLサイトマップについては文字通り、
ブログコンテンツの網羅性に優れたブログの「地図」や
本で言うところの「目次」というものに当たるものです

HTMLサイトマップはカテゴリー分けされて、
コンテンツの一覧が表示される性質上
読み手が記事を探しやすくなりますので
一般的に言われるのは

・ユーザビリティの向上

導入としてはこれが一番の強みです。

コンテンツの一覧が整理されているので、
訪問者が気になる記事を見つけやすく、
その結果ブログ内の回遊率が上がるという仕組みです。

現在のGoogleのアルゴリズムでは訪問者の
「ブログ内の滞在率(滞在時間)」も見ていると言われていますので、
その視点で言えばSEO効果はあると言えます。

ですが、HTMLサイトマップは全てのブログに必要かと言われれば必ずしもそうではなくて、
これはブログ運営の戦略によっても変わってきます。

例えば私が行うようなDRM(ダイレクト・レスポンス・マーケティング)を用いた
アフィリエイト戦略で言えば、アドセンスのように全ての記事がキャッシュを生むわけではなく、

「集客のためだけの記事」

というものが存在します。

こちらの目的としては文字通り訪問者にとって、
検索エンジンからこのブログへの入り口となるものです。

この集客の記事はあくまでブログへの入り口のためだけに働くもので、
一度ブログに流入した訪問者に他の集客の記事を見てもらう意味はほぼありません。

その入り口にあたる記事から最終的には訪れた訪問者を
目的の出口となる記事へ導くのがこのブログ全体の働きとなります。

ただ、プラグインなどで自動作成するHTMLサイトマップですと、
作成した全ての記事を一覧で表示するため
集客の記事も全て表示されてしまいます。

そうすると他の集客の記事を再び読む可能性も出てくるので
本来こちらが望む訪問者の動きを阻害する要素になってしまいます。

ですので私の場合はそうした集客の記事を除いた
他に読んでもらいたい記事のみを以下のリンクのように
「コンテンツ一覧」という形でまとめています

>コンテンツ一覧へ


こうすることで、ブログ訪問者の回遊率を高めると同時に、
こちらが望む訪問者の行動をある程度コントロールするようにしています。

従ってこちらのHTMLサイトマップについては
訪問者のブログ内の回遊率を上げるのみの働きで

・インデックス
・SEO


共に効果はほぼないので必須項目ではないと言えます。

“クローラー向け”のXMLサイトマップの必要性とは

一方でこちらのXMLサイトマップはインデックスにおいて必要な要素になります。

先述したブログ情報を読み取るクローラーは、
この「XMLサイトマップ」のリンクを辿って
各ブログの情報を読み取っています。

以前まではHTMLサイトマップのリンクも辿っているとされていましたが、
現在ではこちらのXMLサイトマップを主に巡回しているという定説に落ち着いています。

XMLサイトマップは上位表示に関するSEOには直接関係はしませんが、
インデックスの速度を速めるという点でトレンドアフィリエイトなど
情報の鮮度が重要なジャンルであればなおさら必須となります。

上位表示に関するGoogleの動きとしては

「クローリング→インデックス→ランキング」

という順番で上位表示の位置付けが決まるので、
情報の鮮度が肝となるジャンルや記事であれば、
インデックスの速度は速い方が良いに決まっています。

例えば何らかの記事を書いてその日にインデックスされるのと
1週間後にインデックスされるのでは6日の間、
本来獲得できたはずの訪問者をみすみす逃している状況になるからです。

ですので、こちらのXMLサイトマップは
どのブログにおいても必要性があるというわけです。

XMLサイトマップの作成方法

XMLサイトマップは

・URL
・最終更新日(lastmod)取得の有無
・更新頻度(changefreq)記述の有無
・優先度(priority)設定の有無
・除外したいディレクトリの指定
・同一タイトルURLの除外設定


などを記述したXML形式のファイル(sitemap.xml)を
トップディレクトリにアップしていきます。

と、ここまでで既に小難しい技術的な横文字等に
アレルギーを起しているかもしれませんが、
一から自分で作らなければならないわけではないのでご安心ください。

ワードプレスのプラグインを使えば誰でも簡単に作成できますので、
その手順を追ってみていきましょう。

ここでは、ほとんどの人が導入しているであろう

「ALL in One SEO Pack」

このプラグインでの作成を行います。

ALL in One SEO PackでのXMLサイトマップの作成

まず「ALL in One SEO Pack」を導入していないのであれば
導入して有効化してください。

その上でワードプレスのダッシュボードの画面側にある
「ALL in One SEO Pack」の管理機能をクリック。

次はの以下の画面で「XMLサイトマップ」の 「Activate」をクリックし、
ステータスが「Deactivate」に変われば設定完了となります。

ダッシュボードに戻ると先ほどの「ALL in One SEO Pack」に
「XMLサイトマップ」の項目が追加されていますので、
それをクリックし以下のチェック項目にチェックします。

「更新を予約」の項目では記事を毎日更新するのであれば
「毎日」に変更されてください。

チェックが済んだら一番下にスクロールし、
「サイトマップを更新」をクリックしてXMLサイトマップの作成は終了です。

サーチコンソールを使用しXMLサイトマップを送信する

XMLサイトマップを作成したら、
GoogleにXMLサイトマップを知らせるために
サーチコンソールを使用して送信していきます。

この作業は一度行えばあとは自動で設定した間隔で送信されます。

まずはサーチコンソールにログイン。

サーチコンソールへ

サーチコンソール上の画面左にあるメニューから
「サイトマップ」をクリック。

次に以下の画面で先ほど作成した
XMLサイトマップのURLを貼り付けて送信すれば完了です。

XMLサイトマップのURLはワードプレスダッシュボードの
「ALL in One SEO Pack」→「XMLサイトマップ」にて確認可能です。

サイトマップの必要性とインデックスまとめ

これまでにHTMLサイトマップとXMLサイトマップ、
それぞれの必要性や機能を解説していきました。

ここで今一度それぞれの特徴をまとめると以下のようになります。

ターゲット必要性SEO効果
HTMLサイトマップ訪問ユーザー向け必須ではないブログ内の回遊率に関与
XMLサイトマップクローラー向けインデックスには必須なし

サイトマップなどは内部SEO対策として分類されますが、
ブログ内のリンクを強化することはインデックスを早めるには必須です。

ただ、ここらへんは普通になんらかのテンプレートを既に導入していれば、
あまり熱心に取り組むべきものではありません。

・THE・THOR(ザ・トール)

・「Diver」(ダイバー)

・【賢威】

ここらへんのテンプレートを導入しているなら内部リンクの構造はまず間違いありませんので、
そうした技術的なことよりも「質の高いコンテンツ」の作成を最優先に意識してください。

その前提の上でこうした技術的なことは成り立ちますので。

以上がインデックスに関与する「サイトマップ」の解説になります。

参考にされてください。

それでは。

>コンテンツ一覧へ

>無料メルマガ登録へ