先日メルマガ読者の方から今回の表題となっている内容の質問を頂きました。

改めて質問をご紹介すると

『ブログやメルマガを運営していく上で、
友達口調で活動するのと丁寧語で統一した口調・文調で活動していくのは
どちらが信頼関係を築きやすいか?』

という内容でした。
これは個人的にちょっと面白い質問だなと感じました。

と言うのも、結果で言えば私は当たり前のように
「丁寧語」を基本として活動していますが、
なぜ自分が丁寧語を使っているのか?
という部分は掘り下げたことがありませんでした。
(正確にはその疑問にすら辿りつくことがなかった)

今日はその辺りの私の回答をシェアしておきます。

 

私が丁寧語を使っている理由。

 

さっそく今回の質問の回答から入りますが、
ご存知の通り私は日頃から「丁寧語」をその文調の基本として活動していますので、
回答としては
「丁寧語で統一した方が良い」となります。

理由としてはご質問くださった方の言う「信頼関係の構築」という部分もありますが、
個人的にはブログを訪れてくれた訪問者の
「第一印象を優先する為」という意味合いの方が強いです。

例えば現実の世界でも初対面の人に
初めからいきなり友達口調で話しかけらた場合、
何らかの違和感を感じるものではないかと思います。

それはインターネット上でも同じものと思います。

初めて訪れた「そのブログ」の口調が
あまりにもフランクであればそこにはやはり
少なからず違和感を与えてしまいます。

これがただの個人の日記ブログのようなものであれば
友達口調でも何ら問題ありませんが、
私が行っているDRMを基調としたアフィリエイト戦略においては
やはり「丁寧語」で統一した方が、無難であると思います。

「初対面の人には敬語で接する」

というものが、潜在的に誰もが意識している常識かと思いますので、
(日本人は特に)
あえてその常識に逆らうメリットもありません。

その結果としてそれが、「信頼関係の構築のしやすさ」
に繋がってくるのと思います。

特にブログと言う媒体は、その性質上、全ての記事が入り口となります。
つまり「どの記事でも最初に読まれる可能性がある」ため、
その際の第一印象を悪いものにしない無難な口調が丁寧語であり、
私が実際に丁寧語を使っている理由が上記で述べた2点

1:読者の第一印象をよくする為
2:信頼関係の構築をスムーズに行う為

となります。

友達ブランディングor偉い人ブランディング?

今回のテーマである「ブログにおける口調」についての解説は上記の説明で終わりますが、
面白い内容でしたので、ご質問下さった読者さんに
「なぜこの質問しようと思ったか」
と言う所を聞いてみました。

すると、その理由というのが、
とあるアフィリエイターさん(有名な人らしいです)の特典で
「友達口調のブランディングは成果は出るのに時間はかかるが、成功確率は高い。
その反面、偉い人(っぽく振舞う)ブランディングは成功率は低い」
という内容のマニュアルを読んだからとのことでした。

『こんな理論もあるんだなぁ~』
と個人的には興味深い考え方でした。

ただ、基本的に私はデータを重視するタイプの人間ですので、
そのアフィリエイターさんがどのような理屈でその論理を導き出したかは私の知る余地はありません。

例えば購入者さんのデータを統計してそのような理論を出したのか、
はたまた自身の経験のみで出したのかは分かりません。

なぜその理論が出てきたかは分からない前提で、その上で私の意見を述べておくと
「友達口調のブランディングだから時間はかかるが成功しやすい」
というのは少しズレてる気がします。

本質的な事を言えば、アフィリエイトで成功するには
「時間」はあまり関係なくて報酬が発生するための本質は「コンテンツの質や量」です。

要は1年という時間をかけても肝心のコンテンツ(ブログの記事や特典)が無ければ
成果は出づらいというわけです。

成果を出すまでのコンテンツを構築する作業を「継続」して初めて結果が出ます。

改めて言うまでもないかと思いますが、
「月収100万稼いでいます」とアピールしている人のブログが
5記事ほどしかなければその実績を信じるわけがありませんよね。

つまる所そのアフィリエイターさんの言う
「友達口調のブランディングだから時間はかかるが成功しやすい」
というのは、
「時間はかかったが成果が出るまで継続したから成功した」
と表現した方が現実的であり、
その結果に至ったのは「友達口調だから」という理由は成功の理由にはなりえません。

もうひとつの
「偉い人(っぽく振舞う)ブランディングは成功率は低い」
というものも、
実際は何の実績もないのに、実績がある風に振舞うブランディングに矛盾が生じて
結果的に活動を「継続出来なかった」から、失敗するというのが現状だと思います。

これらは「友達口調だから」とか「偉い人っぽく振舞うから」という問題でなくて
「継続したか・しなかったか」という事に過ぎません。

まぁ要するにどちらにせよ、自身の思う「成功の基準まで」には、
「継続」しなければ辿りつかないというわけです。

後半は表題からは少し離れたテーマのお話になりましたが、
以上でブログにおける口調・文調の解説となります。

参考になれば幸いです。

それでは。

>コンテンツ一覧へ

>無料メルマガ講座へ